[公開]:2019/12/23/[更新]:2023/09/10

アダルトチルドレンの悩みを3ステップで解決その2:認めるって意外と簡単

認めるって意外と簡単

 

こちらの記事の続きです。

では、なぜ認める(正しく知る)が必要なのか、もう少し深く掘り下げてみるとともに、心理カウンセリングではどのようにしているのかお話していきたいと思います。

 

この記事の主な内容

 

なぜ認める(正しく知る)が必要なのでしょうか?

例えば、パートナーシップを改善したいという場合、相手(パートナー)はどんなことをしているのか・・・

自分と相手(パートナー)との関係性はどうなのか・・・

自分はどんな気持ちになり、何を考え、どんなことをしているのか・・・

つまり「今の状況」と「自分の状態」が分かれば、どこが悪いのか分かるので改善できますよね。

でも、これらが分からないと・・・あれこれ考えるだけで何も変わりません。

 

しかし、私たちは嫌なことほど感情的になりますし、『自分のことほど分からない』ものです。

しかも「こうに違いない」と主観で考えてしまいます。

そうなると解決どころかどんどん状況を悪化させてしまします。

 

では、カウンセラーやセラピストなどに「あなたは今こうでこうなっていて・・・ここをこう変えていきましょう」と言われるのはどうでしょう?

たとえそれが正しくても、第三者に言われるのは大抵無意識に抵抗してしまいます。

そして少しでも「違う」と思うと受け入れなくなってしまい、こちらもなかなか変わりません。

 

じゃあ、どうすればいいのでしょうか・・・?

その時の状況や自分の状態を『自分で』見ればいいんです。

見ることができれば「ああ、そうか!」と納得でき、良くない部分があれば変えて(改善して)いけます。

それが「認める」です。

 

え?そんなことって・・・それが簡単にできるんです。

確かに今の状態をある程度カウンセラーに言ってもらうほうがお互い楽といえば楽なのですが・・・

自分で認める方が同じことを言われることの数百倍数千倍深く理解でき、びっくりするくらい「自然に受け入れられる」のです。

 

では実際どうやっているかというと、『その時の自分をイメージするだけ』です。

例えば「パートナーとうまくいかない、パートナーに言いたいことが伝わらない」という悩みなら、その時の自分自身を目の前に存在するかのようにイメージしてもらいます。

無理に思い出そうとするのではなく、「もしそこにあの時の自分がいるとしたら・・・」とイメージしてもらいます。

 

すると、その時の自分の姿勢や表情、どんなことを考え、どんな気持ちでいるのか、それら全てが「すぐに」分かります。

同時にパートナーに言いたいことが伝わらないのは、自分の言い方が悪いのか、それともパートナーに何か問題があるのか・・・

パートナーの言動にどんな反応をして、どんな状態になってしまっているのかなど、すぐに分かるのです。

 

なぜ「認める」がいいのか、もうひとつ理由があります。

心の中のことは「一旦外に出す」ことで、不安や悲しみなどの感情に振り回されたりすることなく、『安全に』『客観的に』見ることができる、ということ。

逆に心の中に置いたままにするから、余計に不安になったり、悪いイメージや答えの出ないことが頭の中グルグル回ってしまうのです。

そして、それらを一旦外に出して良い悪いの判断せずに認める・・・『認める』とは『本当の全肯定』なんです。

 

こうして自分を認めると、自分の本当の気持ちに共感してあげたり、慰めてあげたり、元気づけてあげたり・・・

「こうしてあげたい、こうした方がいい」と、今までどんなに考えても出なかった答え(方向性)がはっきり見えてきます。

 

また、もし「こうしなければ」のように無理や我慢をしていたら、『もうそんなことしなくていいし、これからはこうすればいい』と分かるし、楽にやめることができます。

このように、どんどん気持ちが楽になり安心し、癒され、行動や考え方もどんどん変わっていくのです。

 

認める1

認める2

 

これらは「自分を大切にすること」であり、癒しだけでなく、自尊心・自己愛が深まります

自分で解決していくことで自信もついていきます。

 

ちなみに、同じことをカウンセラーやセラピストにやってもらうより、はるかに深い癒しや変化を起こすことができますよ。

あなたはその力を持っているのです。

 

また、「不要な思い込み」を解くにも、「実際にあったこと、その時の自分の状態を自分で認める(正しく知る)」ので、無理なく楽に解いていくことができるのです。

また、潜在意識は言葉ではなく「五感や感情、イメージ」を使いますが、心理カウンセリングでの「認める」は、こういった潜在意識の特徴を活かした『催眠療法(解く催眠)』なのです。

 

「認める」は無理して変わることではありません

基本的にはうまくいっているところ、変える必要がないところは何も変える必要はありません。

もしありのままを認めて、その結果、「このままでもいい」「なにもしなくていい」なら、それでいいんです。

例えば、今まで「こうしなければいけないと(その必要がないのに)無理に変わろうとしていた」なら『無理して変わらなくていい』ということです。

 

もちろん、最初はイメージするのはもちろんのこと、癒したり許可を伝えるのも、しっかりサポートしますので誰にでもできますし、効果は抜群です。

慣れてくれば自分ひとりでもできます。

自分のありのままを見るのは不安・・・という方でも、安全安心に自分を見つめなおし認めることができますよ。

 

そして、これが次の「癒す」と「解く」につながっていきます。

ということで「癒す」編もお楽しみに。

 

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

次回のメルマガ予定

6/12 アダルトチルドレンは甘えられない
6/15 毒親なので結婚できない?!


メルマガ読者限定特典付き、成幸の森メルマガ登録はこちらから

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 お申込み
 プロフィール
 プライバシーポリシー

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。