心理療法

  1. 心理学について

    「心理学」とは分析し『悩みの解決ために活かす』もの

    「心理学」とは、心の分野に関する分析学のこと。「人の生き方」や「成功哲学」「占い」なども広い意味での心理学ともいえます。分析も大切ですが、本当に心理学で必要なのはその先、その分析を「どう活かすか?」なのです。

    続きを読む
  2. セラピーが辛いと言っていい

    もしセラピーが辛い時は「辛い」と言ってOKです

    無理なく楽になるのが心理カウンセリングです。もし心理カウンセリングを受けてセラピー中に苦しくなったり辛くなってしまっても、我慢する必は要ありません。そのことを伝えてくださればOKです。それがあなたの悩みや問題の解決を早めてくれるのです。

    続きを読む
  3. 自然な流れでセラピーするのが心理カウンセリング

    セラピー(心理療法)は簡単なものから

    心理カウンセリングでは、悩みや問題の解決のためにセラピー(心理療法)を使っていきますが、これは「簡単なものから」やっていきます。「一歩ずつ」しかも「無理なく」掘り下げていくように、自然な流れでセラピーしていきます。

    続きを読む
  4. 10月14日オープンカウンセリング

    「オープンカウンセリング」10月14日開催

    メンタルセラピー成幸の森の「オープンカウンセリング」を10月14日に開催します。「オープンカウンセリング」は通常の1対1の心理カウンセリング個人セッションとは異なり、数名の参加者さんと合同で行う公開カウンセリングです。

    続きを読む
  5. 「自己啓発」やってはいけない!?

    「自己啓発」やってはいけない!?

    一口に心理・メンタルと言っても、その全てが同じ考え方・やり方ではありません。はっきし言って、それぞれ違います。それは大きく『セラピー(心理カウンセリング,心理療法)系』と『自己啓発系』とに分けられます。さて、何がどう違うのでしょうか?

    続きを読む

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR
ページ上部へ戻る