[公開]:2020/03/01

アダルトチルドレンの悩みを3ステップで解決その5:不要な思い込みをイメージで解く

不要な思い込みをイメージで解く

 

前回、「不要な思い込み」は、『潜在意識の特徴であるイメージや五感(体感覚)・感情を使って、その当時の『本当の思い』と『本当の気持ち』を解放することで解くことができる』ということをお話しました。

 

では、実際の心理カウンセリングで「不要な思い込み」を解いていくのにどのようなことをしていくのか、そのあたりも具体的にお話したいと思います。

端的に言うと、『子供の頃の自分をイメージ』して、その『本当の思い』に共感してあげたり許可を与えてあげたり、『本当の気持ち』を癒してあげたりしていきます

「本当の思い」と「本当の気持ち」の例
・構ってもらえなくて寂しかった
・理不尽に怒られて嫌だった、怒らず話を聞いて欲しかった
・お父さんとお母さんがケンカして怖かった、二人に仲良くして欲しかった
・姉妹(兄弟)と比較されて嫌だった。比べないで欲しかった、私も認めて欲しかった
・我慢するしかないと思って辛かった、ちゃんと話を聞いて欲しかった

などなど(これらはカウンセリングが進むにつれ、自然に分かります)。

 

まず「その当時(子供の頃)の自分」をイメージしてもらいます。

そして「悲しかったね」「辛かったね」「あなたのせいじゃないよ」と共感してあげたり、ハグしてあげたり頭撫でてあげるなどあげたり(=癒してあげる)・・・

「もう我慢しなくていいよ」「嫌なことは嫌と言っていいんだよ」「したいことをしていいよ」と許可を与えてあげたりします。

 

さらに、その時の「寂しかった、悲しかった、我慢するのは嫌だった」などの気持ち、「ちゃんと話を聞いて欲しかった、もっと遊んで欲しかった」など、本当は言いたかったこと・して欲しかったことを、『当時の親のイメージ』に伝えたりしていきます。

すると、当時の(子供の頃の)自分や親のイメージと話しているだけなのに、心の奥底に閉じ込めていた『本当の思い』と『本当の気持ち』が解放され、癒されていきます。

 

そしてもう十分だな、と思えたら、子供の頃のイメージに重なってみると・・・

あら不思議!自分の中の感覚(気持ち)がびっくりするくらい変わっていくのが体感できます。「気持ち」だけでなく「考え方」や「行動」も変わっていきます。

 

例えば、「親と自然話せるようになりました」「気が付いたら、無理や我慢することがなくなっていました」「友達に別人のように(良く)なったと言われました」などのご感想をよく頂きますが、これは「気持ち」だけでなく「考え方」や「行動」も変わったからなんです。

これは「不要な思い込み」が解かれ、本当の意味で悩み(問題)が解決したからです。

一時的に癒されすっきりとした気持ちになっただけでは、また同じような問題を起こしたり、ぐちぐち言うだけになってしまいます。

ここが大きく違うところなのです。

 

このように成幸の森の心理カウンセリングは、相談者さんにも「認める・癒す・解く」に積極的に参加して頂きます。

これは心理カウンセリングで悩みを解決していく過程で、『自分で自分を癒す力(愛)がある』そして『自分で解決する力がある』と無意識に理解することになります。

ですから悩みの解決と同時に、自信と自己肯定感(&セルフイメージ)がものすごくアップします。

 

実はこれは、潜在意識の特徴(イメージや五感、感情を使う)を活しているからこそ出来ることであり、アダルトチルドレン特有の悩みを解決する「最も確実な方法」なのです。

こんな話を聞くと、「え?え?でも、子供の頃の、何か関係ありそうなことなんて覚えていないのですが・・・?」と心配される方も少なくないと思います。

その点については全く心配いりません。

なぜ心配いらいないかは、次回お話します。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。