気持ち

  1. カウンセリングで親との関係が悪くなりませんか?

    カウンセリングで親との関係が悪くなりませんか?⇒なりません。

    心理カウンセリングで悩みや問題を解決するために『当時の親と対話するセラピー』をよくやります。そして、このワークで『今の親子関係が悪くなってしまうのでは?』と心配される方がおられます。しかし、全く心配いりません、というかむしろ逆です。

    続きを読む
  2. 服を変えてみたら気持ちも明るくなりました

    服を変えてみたら気持ちも明るくなりました

    心理カウンセリングの相談者さんから、『(アドバイスとおり)服を変えてみたら気持ちも明るくなりました』というご報告を頂きました。服やカラーは気持ちにも影響します。気分に合わせて、気分良くしてくれたり、落ち着いたりする服を選ぶことも大切ですよ。

    続きを読む
  3. 「催眠術では仲直りできない」理由

    おぼん・こぼんさん「催眠術では仲直りできない」理由

    先日のバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」で、お笑い芸人「おぼん・こぼん」さんを『催眠術で仲直りさせよう』という企画がありました。結果はやっぱり、って感じで失敗。催眠術だけではダメな理由があるのです。

    続きを読む
  4. 安全に気持ちを感じること

    「考えすぎ」をやめるには『安全に感情と向き合う』こと

    「考えすぎ」になると、人目を気にして言いたいこと・したいことができなくなってしまいます。実は『感情と向き合わずに済むので考えるばかりになっている』のです。そして『安全に気持ちを感じられる』ことで、また素直に気持ちを出せるようになります。

    続きを読む
  5. 上手く話すことより、楽にちゃんと伝えることが大切です

    「上手く話すこと」より『楽に話してちゃんと伝えること』が大切

    夫婦や親子などの会話に「上手く話すこと」は必要ありません。それよりも『楽に話すこと』そして『自分の意思や気持ちをしっかり相手に伝えること』が大切です。よい夫婦関係や親子関係のためにも、自分の幸せのためにもなります。

    続きを読む

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る