「36年前の不倫が原因で夫を暴行死」感情の”無い振り”はできない

こんにちは。

催眠と潜在意識の専門家

札幌の心理カウンセラー

≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。

本日は『「36年前の不倫が原因で夫を暴行死」
感情の”無い振り”はできない
』。

感情を無視すると、あとあと大変です。

 

インターネットニュースの見出しで

こんなものがありました。

36年前の不倫、介護中怒り 夫を暴行死、妻に執行猶予

(朝日新聞DEGITAL)

 

この事件は、介護中の夫の

36年前の不倫を思い出し、

暴行死させてしまった、というもの。

幸い、執行猶予がついたので、

その点はよかったです。

 

夫さんの方は

不倫を続けていたわけではなく、

「36年前に不倫してしまった」

のです。

 

病気で倒れてからは、子供たちに

「妻のことをよろしく頼む」

と言っていたそうですし、

結婚しておよそ50年、

病気になる前も夫婦仲は良かったそうです。

 

それが、何故?ということですが。。。

 

結局、本当の感情に蓋をして

無かったことにしよう

とか、

まかり間違っても

こんな夫を許して

あげる私って素敵

みたいに感情をすり替えて

自分をだまそう

としてもダメ

ということ。

 

後々になって、

かえって悪い結果にしか

ならないのです。

 

それと、

「36年も経ってから・・・」

なんて思うかもしれませんが、

潜在意識(無意識)には

時間は関係ありません。

 

その当時、

その気持ちが適切に処理されなければ、

あたかも

今不倫しているように

感じてしまうのです。

 

しかも、溜めこんでいた分、

その気持ちは大きくなって

いたのでしょうね。

 

介護中、昔のことを話すようになり、

夫が不倫のことも話してしまい、

妻を激怒させてしまったようです。

 

しかし夫は、

暴行されても抵抗することなく、

それを受け入れていたそうです。

 

もしかすると、

昔のことを話したのは

尽くしてくれる妻への「懺悔」

だったのかもしれません。

謝罪や感謝があったのかもしれません。

 

もしそうだとしても、

妻には謝罪や感謝の言葉は耳に入らず、

「36年前の不倫を蒸し返した」

にすぎなかったのです。

 

 

妻は保釈後、

カウンセリングを受けたそうです。

(保釈金は息子たちが)

そのことを判事に問われると、

「いままで気づかなかった
自分の性格が浮かび上がりました。
素直でないところ、
全て自分で処理しようとするところ……」  

「もっと夫に頼って、甘えれば良かった」

「三十数年前、
お互いに本心をぶつけ合う機会
だったのに、逃してしまった」

「本当の意味での
心の通い合いが
欠けていたのかも知れない」  

そう答えたそうです。

 

そして、弁護人の

「どのようなご主人でしたか?」

「結婚生活は?」

という質問には、

「優しくて、いい人でした」

「いたって平々凡々でしたが、
楽しい日々でした」

「心の中から主人は消えてもいませんし、
忘れてもいません。
お互いもっと話し合えば
良かったと悔いています」

と答えたそうです。

もし事件がなければ昨年秋、

二人は金婚式を迎えるはずだったそうです。

 

不倫は不倫です。

もともと「お互い納得、不倫OK」

ならいいですが、

やっぱ相手を傷つける行為ですから、

相手が知ったらどうなるか、

ちゃんと考えなくてはいけないのです。

 

そういう意味では、

夫にどういう意図があったのかは謎ですが、

そのままそっと墓まで持っていくべき

だったのかもしれません。

 

 

ともあれ、やっぱり

自分の気持ちに

正直にあること

これは第一ですね。

 

それは怒りをぶつけるとか、

相手を罵る、暴力をふるって

スッキリする。。。ではありません。

 

本当はどんな気持ちだったのか、

本当はどうして欲しかったのか、

これからどうして欲しいのか、

それをきちんと認める、ということ。

 

そして、夫婦というのは問題があれば

「どちらかが我慢する」ではありません。

本当の自分の気持ちを相手につたえ、

きちんと向き合って

解決すること

 

この2点が大切なんです。

「なかったことにする」では

単に解決の先送りにすぎません。

問題は

より良い未来のために

今解決すべき

ということを忘れてはいけません。

 

 

 

 

そのためにも、

プロのカウンセラーの

心理カウンセリング&セラピーを

活用して下さいね。

 

 

↓本日のプレゼント↓

36年前の不倫で夫を暴行

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

らぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る