親子(毒親)問題を解決することは「親を変える」ではなく「親の影響をなくす」こと

【 更新 】 : 2019/03/21

アダルトチルドレンの悩みや問題で「親(毒親)との関係」の相談も多いです。中には『とにかく親を変えたい、親に変わって欲しい』という人も少なくありません。しかし、これはいくら頑張っても「労多くして実り無し」です。親子(毒親)問題の解決には「親を変えること」ではなく『親の影響をなくすこと』なのです。

もちろんDVや過干渉でストレスが溜まる一方などの場合なら「一刻も早く離ること」も必要です。これは「影響をなくするために離れる」であって、「親をなんとかする」ではないのです。

 

まず、「親をなんとかしたい」の本心は、『(自分のことや過去の辛かったことなどを)親に分かって欲しい』もしくは『親に対して嫌になっている(我慢の限界)、だから親に変わって欲しい』です。

しかし、「親だから分かってくれる」とは限りません。そして自分以外の人間を―しかも本人が望んでいない人を―変えるのは至難の業。ものすごい労力とエネルギーを使っても、その苦労に見合うものはまず得られません。ましてや親の場合は20年も30年も変わらなかったのですから、そう簡単には変わりません。

「親を変えること」にこだわると、この先もずっと無駄なエネルギーを使い続け、神経をすり減らすことになります。親が変わらないどころか自分がますます苦しくなったり、親子共依存でますます親から離れられなくなります。

 

しかししかしだがしかし!もしそのエネルギーをもっと自分の為に使ったら、人生は大きく変わります。

実は「分かってくれない」「変わってくれない」には「話すのが面倒くさくて言葉を端折っているので通じない」、「感情を出さないので親は問題ないと思っている」なんてことがよくあります。

これは親ではなく『自分自身のこと』ですから、まずそこを変えていく必要があります。何よりも『変わらない親を変えるより、自分を変える方がはるかに楽に変えられる』のです。

アダルトチルドレンの悩みや問題は、「親が原因」ではなく、『親の影響を受けているだけ』です。もし親を変えられても、あなた自身の悩みや問題は解決しないし、ずっと心の内は曇ったまま、晴れることもありません

 

もし、あなたが自分の悩みや問題を解決していけば、自分が楽になるのはもちろん、親への心理的負担が一気に減っていきます。最終的には気にならなくなりますし、親への対処も一気に楽になります。同時に親にも影響を与え、結果的に相手も変わっていくことも多いのです。

親子問題の解決とは、あなたの中の親に対する想いや見かた・考え方、親との関係性を「あなた自身が楽に生きられるように変えていく」ことです。つまりは「親からの(悪い)影響をなくすこと」ですが、『自分を大切にすること』であり「自分らしく生きること」なのです。

 

親子でも分かり合えないものはあります。分かり合えたら素敵ですが、分かり合えなくてもいいんです。とりあえず置いておく(後回しにする)でもいいんです。「親に変わってもらうことにこだわらなくていい」と受け入れた時、新しい道が開けます。あなたが悩みや問題を解決して親の影響がなくなれば、苦労して親を変える必要もなくなります。

親子(毒親)問題を解決することは「親を変える」ではなく「親の影響をなくす」ことです。親よりも自分の悩み・問題の解決を優先しましょう。その方が『楽』ですし、幸せになるのも早いですよ。

 

親子(毒親)問題を解決することは「親の影響をなくす」こと

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

 

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る