[公開]:2021/11/15

「親ガチャ」から離れよう

 

最近「親ガチャ」という言葉を見聞きしますが、私は変な言葉だと思います。

これが合う人もいるのでしょうけど、アダルトチルドレンは離れた方がいい言葉です。

そもそも「親に対して失礼」という意見もありますが、こういう流行り言葉を「使う側」から考えてみました。

 

まず、「親ガチャ」の何が変かというと、『ガチャではない』からです。

トイカプセルが出てくる本家ガチャもソーシャルゲームにあるガチャも、『自分で引く』ものですし、(課金できる限り)当たりが出るまで何度でも引けます

 

では、親はどうでしょう?

当たり前ですが、選べませんし、外れだったからといって引き直しはできません。

『そもそもがガチャではない』のです。

 

「ガチャ」というのは基本『自分で引くもの』です。

「親ガチャ」というのは、「子どもは親を選んで生まれてくるもの」という暗示が入っていると思います。

ですから、親で苦労している、未だ親の毒に縛られているアダルトチルドレンにとっては『こんな親を引いた自分が悪い』と自分を責めることにもなりかねないのです。

 

また、こういうのはどんどん発展?進化?していきます。

「親ガチャ」だけでなく、学生なら「担任ガチャ」、社会人なら「会社ガチャ」「上司ガチャ」・・・さらには「才能ガチャ」や「容姿ガチャ」なんてのもあるようです。

まあ、確かに誰に当たるかは運もあるとは思いますが、変えられないものまで運のせいにするのはどうかと思います。

結局、「ガチャ」を使いたがる人は、その言葉に流されて「人生は自らの努力で変えられる」という最も大切な要素を見失い、運のせい他人せいにしているだけではないでしょうか。

 

また、やっぱり出たか!って感じなのが『子ガチャ』。

もうそれ、親の責任を子供のせいにしてるし、「子供を殴ってもいい」と同じレベルでの発想ではないかと思います

 

「親ガチャ」ってある意味キャッチーな言葉で、だから流行るんだけど、人によって合う合わないがあります。

努力もせず被害者意識で不満たれているだけ、他人のせいにばかりしている『他責タイプ』の人に合う、そういう人が好みやすい言葉なんです。

 

別に「親ガチャを全く使うな」とかいう話ではなく、「親ガチャは外れちゃったけど、今は結構幸せだよ♪」みたいに笑って言える人ならいいと思います。

また、Twitterで見たんだけど「精神科ガチャ」という言葉もあるそうで、こっちは自分でクリニック選んだ上での「外れた/当たりだ」ですから、こういうのはいいと思います。

ただ、「親ガチャ」は親のことで真剣に悩んでしまったり、そのことで自分を責めてしまう人には絶対合いません。

だから『アダルトチルドレンは「親ガチャ」からは離れた方がいい』ということです。

 


残念ながら人は生まれながらに平等ではありません。

親によって幸福や才能がある程度決まってしまうこともあります。

しかし、人の幸せや才能は「親が全て」ではありません。

大人になれば、自分の人生をより良くしよう、幸せになろうと自分で努力して変えていくことは可能なのです。

「親ガチャ」からは離れ、あなたの幸せを作っていきましょう。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

次回のメルマガ予定

・12/6 アダルトチルドレンにも必要な『怒り』その1:「本当の怒り」
・12/9 アダルトチルドレンにも必要な『怒り』その2:「理不尽な怒り」
・12/16 アダルトチルドレンにも必要な『怒り』その3:「怒りのデメリット」


メルマガ登録はこちらから

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 お申込み
 プロフィール
 プライバシーポリシー

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。