[公開]:2024/06/16

アダルトチルドレンは「甘える」のが苦手

甘える女性

 

アダルトチルドレンは大抵「甘えるのが苦手」です。

また、「甘える」と「 甘やかす」を勘違いしてしまって、自立しすぎ・頑張りすぎ になっている人が多いです。

健全な「甘える」は子供だけでなく大人にも必要なものです。

特に自分の幸せ(自分を大切にするということ)やパートナーシップ に大きく関わってきます。

 

ちゃんと甘えられるかどうか(=「健全な 甘える」ができるかどうか)は、 実は子供の時に親にちゃんと甘えられたかどうか(親がちゃんと甘えさせてあげたかどうか)、 これが大きく関わってきます。

「甘える(甘えさせる)」というのは、 例えば、しっかり話を聞いてあげる、気持ちを受け止めてあげる、子供なら 抱っこ・ 大人ならスキンシップ、 どうしてもできないことをやってあげる ・手を貸すなど、『安心する(安心させる)』ことです。

安心するということは、「不安の解消」にもなるので、 健全な自立心・自尊心が育ち自信がついてきます。

 

これに対し「 甘やかす」とは、あれが欲しいこれが欲しいという欲求・欲望を全て 叶える(与える)、 本来自分がすべきこと ・できることをやってしまうなど、『わがままを聞いてあげること』です。

こちらはワガママやプライドばかり強くなっていき、自分の思い通りにならないとキレたり、人を利用することばかり考えるようになります。

なので、子供の頃は『甘える(甘えさせる)を十分に、たまに甘やかす』くらいがバランスが良いです。

 

ですが、アダルトチルドレン・毒親は、というと「 甘やかす」はないが「甘えさせる」もあまりない(余計な過干渉ばかり多い)。

その少ない「甘えさせる」も親の機嫌だったり、「子供を都合よくコントロールするため」だったり・・・

 

(親の圧で)仕方なく無理に頑張る・自立する、という方向に向かいます。

当然、大人になっても甘えられない、頼れない、自分でなんとかしなきゃと過剰に自立(頑張りすぎ)してしまうのです。

 

「甘える」はパートナーシップでも大切です。

パートナー にちゃんと甘えられる人(=パートナーに気持ちを受け止めてもらえる人)は、安心感 や自尊心が高まります。

そして パートナーと協力して幸せを作っていきます。

 

しかし、パートナー にちゃんと甘えられないと自分ひとりで頑張りすぎたり、逆にパートナーを甘やかして『共依存関係』になることがあります。

もちろん、幸せを作っていくなど、夢のまた夢です。

 

「甘える」というのは健全な依存で、安心感はもちろん、自尊心や自信を高めます。

カウンセリングや セラピーを受けるのも、パートナーに甘え甘えられるのも、 健全な 依存 「必要な甘え」です。

子供の頃、十分に甘えられなかった方は、これから(相手を選んで)、『しっかり甘えて』幸せになりましょう。

 

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

次回のメルマガ予定

7/17 質問:パワハラ男とどう付き合ったらいいですか?



メルマガ読者限定特典付き、成幸の森メルマガ登録はこちらから

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 お申込み
 プロフィール
 プライバシーポリシー

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。