[公開]:2015/02/12/[更新]:2019/12/05

探偵ナイトスクープ「兄の家出」:愛?いいえ毒親でね?

探偵ナイトスクープ「兄の家出」:愛?いいえ毒親でね?

 

こんにちは。

アダルトチルドレンの悩みを催眠とカウンセリングで解決する札幌の心理カウンセラー≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。

 

本日は『探偵ナイトスクープ「兄の家出」:愛?いいえ毒親でね?』。

TV番組「探偵ナイトスクープ」を見た感想。

面白くないと言うより・・・かなりプンスカしてます。。。

 

探偵ナイトスクープ、時々見ますが。。。

今回の見た感想は、相方共々「これはないでしょ!?」で一致。

はっきり言ってムカついてきました。

 

探偵ナイトスクープ

2015年1月16日放送『兄の家出』

・田村裕探偵

 

大阪府の女性(21)からの依頼。

2週間前に兄が家を飛び出した。

兄は去年の春に大学を留年し、決まっていた就職がダメになった。

 

今年ようやく卒業というタイミングで、酒に酔った両親に説教されて号泣。

次の日、荷物をボストンバックとキャリーバックに詰め込んで、逃げるように家を出て行った。

 

たぶん、彼女が住んでいる山口県に逃げたと思う。

大学費用も安くないし、父が怖くて帰りにくいのは分かる。

私も付き添うので一緒に帰り、今後の事を一度両親と話してもらいたい。

 

探偵さん。どうか、兄を連れ戻すのを手伝ってください、というもの。

http://asahi.co.jp/knight-scoop/

 

家族構成は父・母・長男(兄)・長女(妹)・次女

 

ググってみたらこの回の感想もあって、「家族愛に涙」「お父さんの言葉が優しすぎて」というのもありましたが、

 

「長男が可哀想すぎて辛い」

「長男以外の家族のほうが頭おかしいだろ」

「連絡あったんなら親に報告だけして、連れ戻すとか謝罪とかさせんなよって思ったけどね」

というのもありました。

ワタクシ達は後者の意見と同じです。

 

確かに見方によっては、「兄の身勝手な家出」にも見えます。

しかし、兄は親に反抗をしたことがなく、今回の家出がはじめての反抗だそうです。

実は妹は兄の居場所を知っていて、探偵が兄と会うのですが・・・

 

兄は家出した理由を「家族の問題」と答えを濁し、「もう帰らないと決めて家を出た」と言っていました。

つまり、相当の覚悟で家を出ただけでなく、その理由を言うのをためらうほど

「暴力に対する強い恐怖感」

「また責められるのでは?という疑心暗鬼」

にさいなまれている様子が伺えます。

(こういった症状はアダルトチルドレン特有のものです)

 

そんでもって、探偵は兄に対して逃げてはいけないって、はぁ?何それ???

番組的に「長女の依頼に応える=解決」になっていて、その視点でしか物事みていません。

 

「逃げ」なんてとんでもない。

兄にとってはこれが「解決策」だし、毒親にはこれが最善の方法です。

何が悪いのかさっぱりわかりません。

 

なんかさぁ、いじめを受けている子に「いじめられる方も悪い」と言っているのと同じにしか聞こえないのですよ。

この時点で二人ともかなり不快バリバリで不愉快MAXでした。

 

で、兄(長男)は自宅に戻ります。

父親の厳しも優しい言葉・・・

しっかりと自分の思いを伝える兄・・・

息子の話をしっかり聞き、その意志を尊重する父。

 

そして実は父は息子にメールを送っており、

父の気持ちを汲み取った兄はその思いに震えるのであった。

なんてええ話や~(T.T)

 

って、そんなことあるかい!

 

一見美談、「親の愛」とか「家族愛」に見えるかもしれないけど、これ、典型的な「毒親」ですよ。

ど・く・お・や。

 

実は探偵と兄が家に戻ると・・・

親、既に飲んでいる(唖然)。

ビールの空き缶をゴロゴロさせたままその状態で兄に説教開始。

真っ先に自分の意見だけを延々と並べたて、問い詰めてました。

兄の話を聞くのはそれからって。。。何それ?

 

これじゃ、言いたいこと言えないし、余計に彼を追い詰めてしまうかもしれません。

なんとか言いたいこと言えたようだけど、本当に言いたいことの1割も言っていないんじゃないかな・・・?

 

これ、話し合いなんかならないし、親の子に対する責任転嫁ですよ。

責任感を押し付けて、論点をすり替え、「親の言いなりになることだけを求め、そうさせる」という親の強制、コントロールです。

それと、酒飲んで説教など言語道断。

説得力ゼロ!ですよ。

 

そもそも、そこまで

彼を追い詰めたのは、自分たちである、ということを全く認識していない。

ダメだこりゃ(><;)

 

確かに、留年して何も言わずに家出したことは褒められることじゃないし、ちゃんと話をする必要はあると思います。

 

だがしかし(`・ω・´)!

だからといって親が暴言吐いていい理由はどこにもない。

「それはそれ、これはこれ」で、そこも話合わなくては何も解決しない。

 

で、親、

一言も謝ってねーぞ!?

「何も怒っていない」ってそんなの当たり前。

あなたたちに兄を責める資格などない!

 

何か兄に言いたいのなら、まず、普段の酒癖のひどさや暴言を兄に謝ること。

(しないから毒親か。。。)

 

で毒親の「見せかけの愛」がたっぷり仕込まれたメール。

メールなら何とでも言えるよね。。。

でも、この親が兄に直接言ったのは、兄を責める言葉だけ。

 

つまりは、実際やっていることは、さんざん殴っておきながら「言うこと聞くなら撫でてやる」と言っているようなもの。

 

条件付き、しかも親の機嫌で変わるようなものは、愛でも何でもないよ。

ただの毒親の自己欺瞞。

 

酒癖での言葉の暴力

心が折れそうになった時に優しい言葉

まんまカルト教のやり方だよ。これ。

(=マインドコントロール)

 

あ、父親だけでなく、子供に対してこういう父親を好きにさせている母親も問題アリアリだから。

(こっちは割愛)

 

 

結局兄は、責任感強すぎです。。。

というより、あの家の「精神的な親」になっていたのかもしれません。

自分でなんとかしようとして、逃げ場がなくなって、どうしようもなくなって家出したんだろうね・・・

 

ワタクシ、声を大にして兄に言いたい。

君は悪くないから、自分の人生を生きなさい。

誰はばかることなく幸せになりなさい。

と。

 

それはそうと、気になるのが妹(長女)。

兄とは正反対で、何でも言う「男らしい」タイプだそうですが、結局何の目的で探偵に依頼したのでしょう?

単に親の心配を解消させたいだけ?

でも、親、そこまで思ってないし。

 

最後に探偵が「妹さんが最後に、これで大丈夫だよねっ!って言って去っていきました。」というようなことを言っていたのですが・・・

 

ん・・・???これって・・・?

 

あくまで推測ですが、妹にはこんな考えだったのでは?

兄:親の不満のはけ口、サンドバッグ

兄がいないと、その矛先が自分に向かう

それは嫌、親と兄を仲直りさせよう。

つまりは、自分の保身のため?

 

「何か心配して」みたいなものがなかったし、こういうことであっても、なんら不思議ではないです。

 

と、なんか久々に不快なTV番組を見てしまってプンスカしている、らぶさん☆佐藤愛彦ですた。

 

 

 

 

本日もブログをお読み頂き、

ありがとうございましたm(_._)m

らぶさん印

 


メルマガについてのお知らせ

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。