[公開]:2021/03/07

相談する人を間違えるとかえって傷つく

相談する人を選ぼう

 

あなたが悩んだりうまくいかない時、誰に相談しますか?

まずは身近にいる「気軽に相談できる人」、次に、よくQ&Aを発信しているブロガーやインフルエンサーなど「相談できそうな人」、それもダメなら「プロに相談することを考えてみよう・・・」という方、少なくないと思います。

まあ、それでも『ちょっともやっとする』程度のものならいいと思いますが、アダルトチルドレン特有の悩みなどの根深い悩み・問題はまず解決しません。

 

これね、別に答えが返ってこないとかじゃないです。

いいとこ一般論とか、「ググった方がまし」な薄っぺらな答えとか、下手するとトンデモない答えが返ってくることがあります。

ただ、アダルトチルドレンの場合、感情的な問題も大きいので、そういった答えは相談した方がさらに傷つくことだってあるのです。

さらに「答えてあげたのに、なんなのその態度は?」とか、見返りを求められたりするから、その点は気を付けた方がいいよ、ってこと。

実際にそういった相談者さんを何人もみてきましたから。

 

例えばアダルトチルドレンとか、親との関係というと、「子供を愛さない親はいない」「親を嫌うのは若いから」「家族なんだから話せばわかる」とか・・・

で、結局相談者を悪者にして、最後は『家族は大切にしなくちゃダメ』で〆たり・・・

また、過干渉な親に対しては、「親心で子供を言いなりにしようなんて思ってはいない」とか「ただ話がしたいだけなので親孝行だと思って聞けばいい」とか・・・

 

もしそうなら、アダルトチルドレンとか毒親なんか存在しないし、それで悩んだり苦労する人もいませんよ。

こういうことを言う人は恐らく親子関係で苦労したこともないし、常にアダルトチルドレンの相談に乗っているわけでもない。つまり知らないというか想像できない、

だから相談する方がどれだけ親に傷つけられてきたかも理解できないのだと思います。

仕方ないんだけど、『相談する人を間違えてしまっている』ということなんです。

 

もちろん、こういう答えを出す人全てが悪意で言っているわけではないと思います。

しかし、親のことで散々嫌な思いしてきたり苦労してきた人にとって、こんなこと言われたら悲しくなるかぶん殴りたくなると思いますよ。

毒親で悩んでいる人にとっては、これはもう『言葉の暴力』に等しいものです。

こういうのは、本当にあることなんだけど、私も書いててホント気分悪い(怒)

 

あと、「なんでも聞いて」がキャッチフレーズみたいな『なんちゃってカウンセラー』も結構いたりするのですが、こちらは絶対関わっちゃダメ。

いい人ぶってはいますが、根本的に『偉いと思われたい』そして『相談する人を都合よく利用しようとしている』のです。

『なんちゃってカウンセラー』のいいなりになればいいが、そうでなければ周囲を巻き込んで総攻撃してくるのです(カルトの教祖様と同じ)。

むろん解決なんぞ銀河のはるか彼方、ブラックホールに吸い込まれるようなものかも・・・

 

こういう変なのは置いておいて、気軽に話せる人がいるのであれば、「話聞いてもらう」分には気が楽になるのでいいと思います。

お茶(もちろんスイーツ付き)かご飯でもおごって話聞いてもらって、『話聞いてくれてありがとう』にしておきましょう。

それと、原則、プロでない人に相談するのは、解決を目的にするのではなく「意見を聞く(参考にする)」程度にすることです。

それなら、「ちょっと違うな、合わないな」と思ったらすぐ離れられますからね。

 

悩んだりうまくいかない時、『誰に相談するかであなたの未来が変わる』のです。

どんなに楽しそうに見えても、上っ面とか一般論でしか語れない人にいくら答えを求めても、何も変わりませんし、かえって傷を深めてしまうこともあります。

逆に覚悟を決めて(?)プロに相談し、2時間のカウンセリング受けたら、気持ちも考え方も行動もガラッと変わり、文字通り『人生が変わる』こともあるのです。

相談する時は相手をよく選びましょう。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 


メルマガについてのお知らせ

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。