最強の呪文『どっちでもいい』

 

「うまくいかない」ことや「悩み」の原因となるのが『不要な思い込み』です。でもって、この不要な思い込みを解消させる、一番簡単でおススメの方法が『どっちでもいい』なんです。どっちでもいい・・・?どーゆーこと?

 

まず、「不要な思い込み」ですが、たとえば、
・頑張らない自分には価値がない(=頑張らなくてはいけない)
・言いたいことを言ってはいけない
・相手が不機嫌になるのは自分のせいだ
・苦労しなければいけない
・夫婦(恋人)関係は我慢するものだ
・お金は汚いものだ・・・などなど。

この不要な思い込みを多く持っていて、人生苦労しがちなのが「アダルトチルドレン(AC)」や「自責タイプ」ですが、こういった不要な思い込みを解除してあげることで、気持ちも楽になり、思ったように動けるように(行動できるように)なっていきます。

※ちなみに、アナタが『超』が付くくらいのドMか、もしくは修行僧のごとく「神様、ワタクシに苦労をお与えください♪喜んで頂きます♪♪」というのなら、この記事はスルーして下さいマセ(爆)

 

でもって、この不要な思い込みを解消させる、一番簡単でおススメの方法が『許可を与えてあげる』ことです。それも『○○してもいい』と実際に口に出して言ってもらうと、もっと効果的です。

・これ以上頑張らなくてもいい
・言いたいことを言ってもいい
・苦労しなくてもいい
・自分を大切にしていい
・自分の気持ちに素直になっていい・・・などなど。

実は「許可を与える」ことには、もう一つ、これと対になる言葉があります。それはなんと・・・『○○しなくてもいい』という許可の言葉(`・ω・´) そして、さらに『○○してもいいし、○○しなくてもいい』と両方言ってもらうのがすごく効果的なんです。

別の言い方すると、『どちらでもいい”という許可を出してあげること』なんざんす( ̄○ ̄)

 

たとえば、「恋愛は苦労するもの」という思い込みなら、「恋愛で苦労してもいい、苦労しなくてもいい」となります。「頑張らなくてはいけない」という思い込みなら「頑張ってもいいし、頑張らなくてもいい」、「頼ってはいけない」という思い込みなら「頼ってもいい、頼らなくてもいい」、みたいな形になります。

不要な思い込み過去の体験から無意識的に作られてしまうもの。この無意識(潜在意識)は変な性質があって、『どちらでもいい』という許可を与えてあげると、心地よい方を勝手に選んでくれるのです。なので、これだけですごく楽になります。ホントです。

 

・・・え~?・・・なんか変・・・

ええ、確かに「〇〇してもいいし、〇〇しなくてもいい」なんて、日本語として考えれば、確かにすごく変な言葉です。するの?しないの?どっちやねん?って感じ・・・

でも、理屈じゃなくて、こういうもんなんです。「無意識(潜在意識)のなせる技」としか言いようがないんです(・ω・ )ゞ まあ、あえて言うなら「催眠療法のひとつ」と言うところです。

 

ちなみに、心理カウンセリング個人セッションでもよく使います。「へぇ~これが(@@;)!」とかよく言われすが、その違い(変化)をすぐに実感して頂いてますよ。

それと、実際の心理カウンセリング個人セッションだと、はっきりと思い込みとなるものを特定していきますので、より効果が高いです。ぜひお試しあれ。

 

あなたにとっての最大の財産は、あなたの知識

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休

全国どこからでも、心理カウンセリングが受けられます。
通話カウンセリングについて

------------------------------------------
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR

ページ上部へ戻る