「ワクワク」は、なくても構わない

 

ワクワクしてもいいし、しなくてもいい

 

「アダルトチルドレンと催眠・潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラー≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。こんにちは。

 

幸せな人生や成功のために、「ワクワクすることをしましょう」「ワクワクすることを探しましょう」といった表現をちょくちょく見聞きします。

ワクワクすること楽しいことの方が行動しやすいですし、モチベーションも続きます。

何も嫌なことを無理してやることはないです。

 

しかし、何か義務のようにワクワクしなくちゃいけないとか、ワクワクがないのはダメみたいに言うセラピストやコーチ・コンサルがいますが、こういうのは疑ってください。

『ワクワクすることの方がベター』だけど、『絶対ワクワクしなくちゃダメ』ではありません(・ω・;)

 

何かうまくいかないことがあって、今を変えようとする時、楽しい(と感じる)ことから始める人もいます。

とりあえずやってみて、こんなもんかな~・・・みたいな人もいます。

中には、眉間にシワ寄せてがむしゃらに頑張ったことで成功や幸せを掴んだ人も沢山います。。

 

それに、アダルトチルドレンのように、心に傷を負っていたりするとワクワクを感じにくくなります。

今どう感じるかは自由だし、今感じていることが正しいのです

そこには個性もあるんだし、状況も一人一人違います。

だから、無理にワクワクする必要はないし、違っていいんです。

 

結局のところ、「(絶対)ワクワクしなくちゃいけない」というのが間違いなんですよ。

「ワクワクする方がベター」だけど、『絶対条件ではない』ってことです。

感じ方は人それぞれなんだから、感じるままでいいんです。

それよりもね、『まずはやてってみっか!』と一歩でも半歩でもいいから行動することの方が大切なんです。

 

新しいことを始めようとして、それが人生を大きく左右するようなものが、必ずワクワクするとは限りません。

ワクワクもあるけど、不安も半分・・・
え?まじ?これやるの・・・いいや、やっちゃえ!
なんかムカつく、見返してやる!!!

みたいなこともいっぱいあるんです。

逆にワクワクを追いかけて失敗の泥沼にはまった人も沢山います。

 

ワクワクしたけどうまくいかなかったり・・・
辛いこともあったけど。それを乗り越えたり・・・
なにくそ!と思っていろいろ工夫したりし・・・

そんなこんなで『結果的にワクワクするようになった』ことも多いのです。

これは仕事でも恋愛でも結婚でもなんでもそうです。

 

結局ワクワクすることは『始めるきっかけのひとつ』なんです。

ワクワクだけで何でもうまくいくとは限りません。

時に逆に怒りや苦しみをバネとすることで、状況を変え、幸せを掴むことだって沢山あるんです。

どちらかというとアダルトチルドレンはこっちの方が多かったりします。

 

そして「ワクワクするかどうか」は今の状況や個性(意思)によって変わるものです。

ワクワクしてもいい、ワクワクしなくてもいい、『どちらでもいい』なのです。

 

むしろ、「ワクワクしなくちゃいけない」となったら、そこには自由はありません。

こういうのは大抵カルト化していて、そっちの方がコワいです。

 

「ま、こんなもんかな~」でもいいし、迷ったり気が乗らない時は、「今はしない」でもいいんです。

今はしなくとも、あらためて楽しく出来そうなときに始めてみる。

これが「ワクワクする(楽しい)ことをする」なんですよ。

もちろん、「なんか怖くて行動を起こせない」なんて場合は、ブロックとか不要な思い込みによるものですから、さっさと心理カウンセリングで解決しましょう。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る