DV夫に悩む人は「独身時代からDV夫を選んでいる」

DV夫で悩んでしまう人は、実は独身時代からDV気質の人と付き合って別れて・・・を繰り返していることが多いです。

そして『夫のDVに悩んでいます。どうしたらいいですか?』という悩みも「ある日突然DV夫に豹変・・・』ではありません。大抵結婚前からあることを繰り返してエスカレートした結果です。

ですので「DV夫どうしたらいいですか?」ではなく、出来るだけ早くそこに気付き、DVスパイラルから抜け出すことが大切です。

 

 

結婚後もDVしてくる人って、付き合ってる頃から感情の起伏が激しくてキレやすく、一度キレると手が付けられなくなるようなタイプです。でもって、それが原因で別れたり離れようとすると泣いて謝ってくる→またキレる→別れようとすると・・の繰り返し。

しかし、やっとの思いで別れても、また同じようなDV気質の人を選んでしまいます。そして、この人ならいいかな?と結婚する相手もやっぱDV気質。これが結婚後にエスカレートして、DV夫になるわけです。

キレる理由も話し方がなんとなく気に入らないとか、クルマの運転・服や靴をぬぎっぱなし・ゴミを片づけない・・・生活のことでちょっと注意されるなど、ホント些細なことでよくキレる。

だがしかし、結婚後もキレる→別れたり離れさせないよう泣いて謝ってくる→またキレる→別れようとすると・・の繰り返し。結局結婚してからも独身時代とやっていることは同じなんです。ある意味DV夫やDV夫予備軍を『自分で選んで』しまっているのです。

 

なんで同じようなDV気質の人ばっかり選んでしまうかというと、大抵は『親がDV気質で夫婦仲が悪く、そのために嫌な思いをしてきたから』です。

子供の頃はこれ以上嫌な思いをしないよう、『親がDVをやめて夫婦仲が良くなるよう』に願います。それが大人になると、トラウマとなり、無意識に恋人や結婚相手に重ね合わせます。

そして『この人を助けたら、この人のDVをやめさせたら、これ以上嫌な思いをしないですむ』という思い込みとなり、DV気質の異性ばかり選んでしまうのです。まさに『地縛霊のような思い込み』です。

 

この何度もDVスパイラルから抜け出すには、「DV夫どうしたらいいですか?」の前に「どうして暴力を振るう人とばかり付き合ってしまうの・・・?」「もしかして自分に原因があるのかも・・・?」と気付くこと。

大切なのは『同じこと何度も繰り返している』つまり『何も変わっていない』ことに気付き、そして『絶対解決する!このスDVパイラルを絶対やめにする!!』と決めて行動起すことなんです。

そう気づき、行動を起こした人だけがこの問題を解決でき、本当の幸せ「いたわり夫婦」となるパートナーに巡りあいます。そうでない人は・・・また同じことを繰り返します。

ベストは独身のうちに「あれ?なんかおかしい」と気付き、心理カウンセリング受けて解決することなんです。結婚して、子供が出来て・・・ってうちに、どんどん解決するのが大変になっていくんです。

 

もうひとつ、結婚後の方が「DVがエスカレートしていく」ということを付け加えておきます。

DV夫が「本当はやめたいんだ」と泣いて謝ってきても、「子供ができたからもうこんなことはしない」とか言っても、まずDVやめない。やめないどころか、大抵はエスカレートしていきます。

それね、DVしてることの言い訳。それでDVやめるくらいなら、最初からDVなんかしないんだよ!!!

 

まず救わなければならないのは、DV夫じゃないんです。身体も心も傷つき、それでも頑張ろうとする『自分自身です。それは誰でもない、あなた自身が望んで行動起こす以外に方法はないんです。

今の状況に気付き、行動を起こせば必ず良い方向に変わっていきます。そしてそれは、早ければ早いほど抜け出すのは楽ですよ。

 

DV夫を選んでいる

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る