メンタルセラピー講座(初級):「かけない催眠」講座

かけない催眠講座

メンタルセラピー講座(初級):「かけない催眠」講座
~「心の悩み」も「夢を叶える」も、【催眠】で全部解決?!~

 

「かけない催眠」講座は、メンタルセラピー成幸の森の心理カウンセリングの初級講座です。

「催眠」というと、なんとなく怪しいイメージがあるかもしれません。しかし!実はあなたの『悩みを解決』するにも、『夢を叶える』にも、催眠をうまく使うととても効果的なのをご存知でしたか?

また、恋愛結婚・仕事・人間関係などの悩みを解決して幸せになるようにと、成功法則やアファメーション、プラスイメージなんかにチャレンジしてみた方も結構いると思います。しかし、実際にそのとおりやっても、「うまくいく人」より「うまくいかない人」の方が圧倒的に多いものです。

 

実はこれらにも「催眠」がすごく関係してくるのですが、残念なことに、教える方もそれを分かっていません。そのため、「どうやったら本当に効果が出るのか」「効果が出る人と出ない人とは何が違うのか?」など、本当の意味でのノウハウが教えられていないのです。

当然、本を読んだり教えられた通りにやってもうまくいかない・効果が出ないのは当たり前なんです。しかし、恋愛結婚・仕事・人間関係がうまくいく人ほど、(知らず知らずのうちに)うまく催眠を使っている!ということも付け加えておきます。つまり、催眠をうま~く使うことは、幸せな人生になりやすい!ってことです。

 

でも、このことを教えてくれる人って、なかなかいないんですよね。。。

というのも、実力派のカウンセラー/セラピスト/ヒーラーなども、上手に催眠を使っているのですが、意図的に(知っていて)催眠を使っているわけではなく、経験則的に使っているにすぎません。だから、その秘訣(催眠)を教えてくれる人が殆どいないのです。

この講座では、そんな知っているようで知らない、というか誰も教えてくれない「催眠」について、催眠のウソ・ホントを解き明かしながら、「悩みの解決」と「夢を叶える」ための『上手な催眠の使い方』について分かりやすく学べます。

 

【受講生さんのご感想】

学んだことを即実践出来そうな内容でよかったです。日常的に自分自身にすぐ実践できるなと思いました。
始終雰囲気がよく、とても分かりやすい講座でした。特に考えにとらわれすぎた時の解決方法がよかったです。
ディスカッションもあり、他の参加者の方の考え方も知ることができてとてもよかったです。
客観視と余計なものを取り去るワークをやってみて、こんなにすぐに効果があるんだってびっくりしました。これからどんどん使っていきます!
カウンセリングする上でもすごく役立ちますし、とても勉強になりました。ありがとうございました。

 

【講座内容】

催眠の効用と効果、どんな時に使うの?
潜在意識の特徴と催眠との関係
催眠と瞑想、マインドコントロールの違い
心理カウンセリングって何?どんなことするの?
ヒーリングやリーディングも催眠を使っている?
自己催眠ってどうやるの?
催眠体験(イメージ&リラックス)

 

【こんな人におススメ】

催眠について興味がある
「悩み解決」と「夢を叶える」の両方に興味がある
心理カウンセリングがどんなものか知りたい
カウンセラー/セラピストを目指したい
カウンセラー/セラピストで起業したが自信がない

 

【こんな人には不向きです】

人を騙したり、コントロールするために催眠を使いたい
催眠を使えば超人的能力が発揮されると思っている
催眠で都合よく性格を変えたい
催眠で都合よく記憶を消したい

 

「かけない催眠」講座について

日時:2017年4月29日(日)13時~17時

場所:札幌市中央区(地下鉄西18丁目駅近く
(お申込みの方に直接お知らせします)

料金:¥15,000

定員:7名様満員御礼!ありがとうございます。

 

講座でお会いできますこと、楽しみにしております。

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る