子供への「子育て大変だった」自慢は愚痴と同じ

 

子供への「子育て大変だった」は愚痴と同じ

 

「アダルトチルドレンと催眠・潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラー≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。こんにちは。

 

子供への「あんたの子育て大変だった」自慢も、子供の心の奥底に不要な思い込みといらぬ地縛霊を作ります。

一見、「あんたが小さい頃はこんなに大変だったんだから・・・」と昔を懐かしんでいる感じですが、実はそうではありません。

その本音は(夫の代わりというか誰も褒めてくれないので)子供にほめて欲しい、そして「こんなにしてやったのだから感謝しろ」なのです。

いやいや、それ親子関係逆転ですからダメなんですってば!!!

 

これも子供への愚痴と同じで、パートナーシップができていないこと、夫婦(もしくはどちらか)の感謝・協力がないからです。

まあ、愚痴の一種ですし、さっさとやめましょう。

 

さて、小さい頃は大変だったと、聞かされる子供はどうでしょう?

それを聞いて「お母さんありがとう」となればいいですが、子供への苦労の押しつけにしかなりません

 

「お母さんにこんなに辛い思いをさせてどうしよう」そんな罪悪感を植え付けてしまいます。

さらに、最悪「私なんて生まれてこなかった方がよかったのかな・・・」という強い自己否定を作ってしまい、自己肯定感は下がるばかりです。

当然、大人になってからの、恋愛結婚や仕事がうまくいかず、悩みやすい人生となってしまいます。

 

もし本当に苦労したとしても、子供に伝えるべきは「今どうなのか?」です。

あなたが元気に育ってくれて本当に嬉しいわ」とだけ伝えればいいのです(聞かれたら、こうだったの、と答えるのはOK)。

それは親の愛を伝え、子供の自己肯定感と自信がアップする言葉となります

どちらを伝えるかで、子供の性格も、人生も大きく変わります。

もちろん、必要なのは後者ですね。

 

もし、あなたが、親から愚痴や自分への苦労話ばかり聞かされ、罪悪感や自己否定が強くなってしまっても、それはあなたのせいではありません。

しかし、そのままにしておくと、罪悪感や自己否定は強くなるばかり、恋愛結婚も仕事もすべてがうまくいかなくなっていきます。

なので、心理カウンセリングでさっさと手放しましょう。

 

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る