「上手く話すこと」より『楽に話してちゃんと伝えること』が大切

心理カウンセラーのらぶさん☆佐藤愛彦です。こんにちは。

「人と話すのが苦手です」「上手く話せません」という方ほど、「上手な話し方をしたい」と思いがちです。しかし、講演活動するとか芸人さんでもない限り、あまり重要なことではありません。

ことさら夫婦や親子などの会話に「上手く話すこと」は必要ありません。では何が必要かというと、『楽に話すこと』そして『自分の意思や気持ちをしっかり相手に伝えること』です。

 

「人と話すのが苦手」という方は、話下手といえば話下手ですが、「伝わりにくい話し方」をしています。話し方というより「思いや意思が伝わらない」ことが問題なのです。

しかし、自分の話し方のどういうところが伝わりにくいのか、分かっている人は殆どいません。心理カウンセリングでもよくあるのですが、相談者さんはこのことにまず気づいていません。話し方についてのアドバイスやワークをすると、驚かれる方も多いです。

ですから、「上手く話そう」とするより、まず自分の話し方のどんなところが「伝わりにくい」のかに気付くことが大切です。そうすれば、その部分だけを変えていけばいいので楽に変えていけます。

 

でもって、「伝わりにくい話し方」とは、具体的にはこんな感じ。

イエス・ノーがあいまい
自分の気持ちを伝えていない
「ありがとう」「ごめんなさい」がない
話が短すぎ(必要なことまで端折りすぎ)て伝わらない
言いたいこと・して欲しいことをはっきり言わない
余計な説明をしすぎたり、話が長すぎて何を言いたいのかわからない
主語がなく、誰のことを話しているのか分かりにくい
過去のことも今のことのように話してしまう
自分のことでいっぱいで相手の話を聞いていない
見られることを意識しすぎて相手を見ていない
アイコンタクトができない

こういった点を改善していくと、相手に伝わりやすくなるので「人と話すのが楽」になっていきます。相手も聞きやすいので自然と話がはずみ、話すことが楽しくなっていきます。

 

また、「人と話すのが苦手」という人は、どうしても「どうにか相手に分かって欲しい」が強くなりがちです。夫婦ともなれば、パートナーはある程度「聞こう」「分かろう」としてくれますが、それでも「伝わりにくい話し方」をしていたら一方通行になってしまうのは当然です(それが原因で時にケンカになることも)。

話すこと・コミュニケーションで大切なのは「うまく話すこと」ではなく『思いを伝え合うこと』です。お互いが自分の思いをきちんと伝えあうことが「信頼」となります。また、「嫌なことを断る(やめさせる)」ような場合でも、自分の思いをきちんと相手に伝えないと、相手はいつまでも同じ(嫌な)ことを繰り返します。

つまり「上手く話せない」を改善して、「楽に話してちゃんと伝える」ようになれば、『よい夫婦関係や親子関係のためにも、自分の幸せのためにもなる』ということなのです。

 

ちなみに心理カウンセリングでは、「上手く話せない」原因になっている心理的な問題をセラピー(心理療法)で解決し、具体的な「楽に話してちゃんと伝わる話し方」のアドバイスをしています。

もし、「伝わりにくい話し方」に気付いたら、早く改善し、幸せな夫婦関係、幸せな人生を作っていきましょう。

 

上手く話すことより、楽にちゃんと伝えることが大切です

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

 

 

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る