[公開]:2021/07/06

お金を払って怒られたい!?

 

怒られる』というのは、何も子供ばかりではありません。

会社で上司から(まれに仕事先から)、家庭ではパートナーや親から、というように、大人になってからも怒られることがあります。

中には『講座で講師に怒られる』、なんてこともあるようです・・・

が、それ、ちょっとおかしくね?

 

これは以前、知り合いに聞いた話。

会社で怒られるのは嫌」と言っている人が、とあるセミナーに行って「怒られてきた」と“喜んで”いたそうです。

しかも、一方的に怒鳴られているにも関わらず、『あの方の怒りには愛があるのよ~』と嬉々としていたそうです。。。

 

まあ「イケメンに触られるのは甘い誘惑」、しかし「脂ぎったおっさんが一瞬でも触ったらセクハラ」みたいなもんで、何をよしとするかはその方次第ですからねぇ・・・

なので、好きにすればよろしいとは思いますが・・・

 

でもね、よーく考えてみ?

会社で怒られるのは『お金もらって怒られる』のだけど、セミナー等で怒られるのは『お金払って怒られる』のだよ?

なんか変じゃね?

 

もちろん会社で「上司の機嫌しだいで怒られる(八つ当たり、パワハラ)」など、「正当な理由なくして怒る」のは、もちろんダメです。

けどね、会社で怒られるのも何かしら怒られる理由があり、かつ勤務時間中のことですから、「一応は給料分」ってことです。

 

それと、前提として、セミナーや講座等で講師が怒ることが『全てダメ』ということではありません。

通常怒るというのは、「よくない行為をやめさせる」もしくは「怒られなきゃわからない人に怒ることで分からせたり改めさせる」ためです。

例えば他の受講生に迷惑行為をするとか、人のセミナーで自分の営業してしまうとか、何度注意しても迷惑行為を繰り返す人に「怒る」のもあるでしょう。

けどね、そういった正当な理由なく『お客さんを怒る(怒鳴る)』のは私はちょっと理解できません。

 

では、理由もなく怒ったり怒鳴ったりする講師は何が目的かというと・・・

答えは簡単、『受講生に罪悪感を植え付け、都合よくコントロールするため』です。

直接怒られている人はもちろん、それを見ている他の受講生をコントロールすることが出来るのです。

常識では理解できませんが、『毒親と同じ』と考えると分かりやすいです。

 

こういう講師は『他責タイプ』であり、基本的に怒られて喜んでいるのも同じ他責タイプです(そういった講師に気に入られたいとか、同じことをしたいので喜んでいる)。

そして、自責タイプの人にとっては百害あってなんとやら、です。

安易に受講生(お客さん)を怒るような講師の「信者」と化してしまったり、それが当たり前のような集団に入ってしまうと、冷静・客観的な判断ができなくなってきます。

それが普通のことだと勘違いしてしまったり、恐怖心で離れられなくなってしまうことがあります。

 

先の「会社で怒られるのは嫌だが、(お金を払って)あの講師に怒られるのはいい」という人も恐らく信者化してしまっているし、どこか心を病んでいるのだと思います(それとも、そういう性癖?(笑))。

こういう方は、一度ちゃんとしたカウンセリングを受けた方がいいのですが・・・まあ、受けないでしょうけど(笑)。

 

講座やセミナーは知識技術を得て自己成長するための場であり、その対価として受講料(お金)を払うのです。

講師の自己中的な満足のためにお金を払うのではありません。

そして、安易に受講生を怒ったり怒鳴ったりする講座やセミナーでは、費用に見合った成長はまず見込めません。

あなたにとって、その講座やセミナーは本当に必要なのかどうか、そういったセミナーを受けて本当に成長があるのかどうか、そこもよく考えて受講しましょうね。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 


メルマガについてのお知らせ

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。