ビジネスの基本は「三方良し」

「催眠と潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラー「らぶさん☆」こと佐藤愛彦です。こんにちは。

私は心理カウンセリングを行っているカウンセラーですが、これは立派に「仕事・ビジネス」です。ですから、今日は「ビジネスの理念」についてお話したいと思います。

まずは「理念」と「ミッション」から。

理念:人と自然が愛と自由で調和する世界の創造

ミッション:心理カウンセリング等での問題解決と願望達成を通し、『愛と自由の調和で自分らしい幸せな人生を生き、幸せな家庭を築いていく人』のサポートを生涯続けること

私の理想とする世界像が理念、その実現のための行動指針がミッションです。ちなみに、これはあった方が「ベター」ですが、絶対なくてはいけない、というものでもありません。しっかりとした活動ができればそれでいいわけで、あった方が使命感やモチベーションにつながりやすい、というレベルです(カウンセラーやセラピスト等を目指す人は参考に)。

 

これは以前とある方が、カウンセリングやセラピー、コーチングや占いまで含め「心の分野」について言っていたことです。

この分野のキャパ(市場)は決まっていて、どうやっても「パイの奪い合い」になる。けど、参入してくる人も多いから、いかに奪ったパイを守るか、他に渡さないようにするか、それが大事なんだよ。

・・・はあ、そうなんですかぁ~・・・って感じでした。

ワタクシの考えは全く違います。実は日本の心の分野の市場は未成熟、まだまだ広がる分野です。なぜそう言えるかと言うと、まず、正しい知識や技術が一般に広まっていないからです。「玉石混合」どころか、「魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)している」と言っても過言ではないかと思います。
つまり、本当に必要な方が必要なカウンセリングなりセラピーなりを受けられていない(受けられている方の数が少ない)のです。現象的には「知らないから利用しない」という方もすごく多いです。これは先の「パイの奪い合い」みたいな考え方が圧倒的に多く、そこを変えていこうという人が少ないから広がらないとも言えます。

 

これはカウンセリングやセラピーの業界に限ったことではありません。実はビジネスの効率を上げるプロであるコンサルタントさん数名に「認知されていないものを広く知らしめるためにはどうしたらいいか?」という質問してみたことあります。

だがしかし、「それは難しいでしょ?」とか、「これは売れないよ」とか、「今売れるものを売ってください」とかナントカ・・・クライアントの問題を解決するのがコンサルの仕事でね?ちなみに「難しいですが、こういう方法はどうでしょうか?」というものもありませんでした。

まあ、「心理療法?なにそれ?」「カウンセリングなら、どこも同じでしょ?」みたいに、内容分からない(というよりもクライアントの質問を確認しようとしない)人に聞いたのが間違いだったんだすけどね。つまり「理解する気もなし」でした。あ~あ、三流?ハズレくじ引きまくってしまったわい(爆)

あ、ちなみにメルマガコンサルタントの平野友朗さんの個人コンサルでは、その点をばっちりレクチャーして頂きました。なので、やっぱコンサル業界でも玉石混合、魑魅魍魎?なのかも。

 

まあ、その答えのひとつには「なんでもいいから社会を変えるくらいの影響力を持て」ってことなんだけどね。私はケインズ的な「良貨は悪貨を駆逐する」の考え方の方が好きですし、そういった社会が理想です。

しかし、現代社会では「良し悪し」には関係なく「広告宣伝がうまくいくかどうか」で決まってしまうことの方が圧倒的に多いのです。心の分野でも例外ではありません。この法則が当てはまっています。 だからといって、「とにかく売れればよい、品質(技術)は二の次」では「能無し」のすること。ワタクシの目指すところは、品質(技術)一流、知名度一流だす(`・ω・´)

 

ワタクシのビジネスの理念はかつての近江商人たちが理念とした「三方良し」の考え方です。つまり、「買い手よし」「売り手よし」「世間よし」(良いものを提供して、結果的に社会も良くなる)の考え方。売り手も買い手も満足し、さらに広く社会に貢献できるようなビジネスを目指すものです。

心理カウンセリングで言えば、まずは「相談者さんの悩み(問題)を早期解決し願望達成をサポートをする」こと、つまり相談者さん(買い手)が満足されるサービスを提供すること。それを売り手も満足できる適正価格で提供します。

それによって相談者さん自身が幸せになり、さらには幸せな家庭を育んでいきます。そして、それが広がっていけば社会も良くなっていきます。
それが「三方よし」です。

 

それと、自分もようやくここまで来たけど、さらに上を目指し、現在の数倍・数十倍にしたいという目標?野望?があります。

これには理由があって、心理やスピリチュアルに興味持つ人って、実は「根っから人が良い(人の役に立ちたい)」もしくは「人をコントロールしたい(自尊心や欲望を満足させたい)」の両極になりがち(ホントです)。

カウンセリングやセラピーで人格を否定するような暴言を吐いたり、お客さんを怒鳴りつけるようなカウンセラーやセラピスト(講座含む)、ホントにいるんです。私たちも被害にあったことありますので、ご希望であれば対策等お教えますよ。

で増えて欲しいのは「人の役に立ちたい」という動機でこの分野に入ってくる人。しかし、こういう人は例外なくと言っていいほどビジネス下手(泣)自分がもっと売れるようになるってことは、その手法を教えることが出来るわけですから、ビジネス下手の人の役にも立つことができるわけです。

そして、暴言吐いたり人をコントロールしたがるような輩の影響力を戦わずに削ぐことができるのです。実践積んでいるわけだから、ホント強いですよ~(`・ω・´)←たぶん、平和的に・・・?

 

つまり、市場の活性化と健全化が同時に進んでいくことになるわけです。ですから、そういう意味での、発言力?権力?みたいなものはもっともっと持ちたいと思っています。仲間を作って相互発展するとか、影響力高めるにも必要ですし。仙台という1地域でなく、全国展開していくのが私の夢ですが、その芯にあるものは「三方良し」の理念なのです。

ま、個人的にはやってて楽しいし、もっと暮らしも豊かにしたい、そして志を同じくする仲間も沢山増やしたい。そのためにもこの仕事をしっかりやっていきたい!というところでしょうか。

このように、メンタルセラピー成幸の森では、人の本質や社会とのつながり、自身のビジネスまで考え作っています。私共の理念に共感でき、かつお役に立てる時はぜひご活用下さい。

あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

 

ビジネスの基本は三方よし

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)mらぶさん印

 

お知らせ

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休、TEL011-556-0496
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森

TEL:011-556-0496(10:00~19:00)
完全予約制、月曜・火曜定休(祝日の場合は翌日定休)


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る