「仕事の電話が長い人」ほど仕事ができない!?

 

外出先での長電話は仕事出来ない人

「催眠と潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラーのらぶさん☆佐藤愛彦です。こんにちは。

 

先日、喫茶店でお茶していた時の事。

隣のテーブルに中年の女性が座り、お茶しながら手帳いじってたと思ったら電話し始めました。なんだかね~・・・少し離れているので、そう煩くもないのですが、ずぅ~っと話しっぱなし。やれやれ。。。

どうやら仕事のスケジュール調整のようですが、とにかく長い。爽やかなスーツっぽい服装で、手帳やら資料やら出して、いかにも「アテクシ仕事出来ますわよ」感を出しているのですが、とにかく電話が長い。実はこういう人は仕事出来るどころか、『仕事出来ない人』です。

 

まあ、喫茶店で長電話すること自体マナーに欠けますし、この点でも仕事出来ない人だろうな~というのは容易に想像できます。それもありますが、とにかく「余計な話が長い」。別に聞きたくもありませんが聞こえてきてしまうので仕方ないのですが、電話で打ち合わせしてるだけでなく、仕事の愚痴やら趣味のことなど、余計なことをまで延々と話しているんですね。

つまり、「無駄話を省けば、ものの数分で済むような話を延々と電話している」わけで、『大いに無駄な時間かけて仕事してる』ってことなんですよ。

 

昔、化粧品の会社にいるときにも、こういうタイプの人がいました。9時半とか10時くらいから、11時とか下手するとお昼近くまでずっと業者と喋っているんですね(相手する業者もヒマなのか???)。といっても、そこまで話さなければ決まらない事でもなく、進捗状況の確認程度。それって、ものの3分もあれば十分じゃね?って感じ。長くて内容の薄い話(電話)をしているのです。

その割に「仕事終わんね~!今日も残業だ~!!」って9時過ぎまで残業しているのですが、その長電話やめりゃ遅くとも8時には終わるでしょ?って感じ。まあ、仕事の効率より残業量で査定されるような会社でしたし、上司も何も言わない、基本的に給料安いので残業代必須・・・、こういう人が出るのは仕方ないか、ってとこですが(爆)

 

本当に仕事出来る人って、電話の時間は短いというか、効率のいい電話(話し)をします。メールで済ませられることはメールでして、「必要なことだけ」話す感じです。もちろん、営業さんとかで営業トークで世間話することもありますが、アホのような長電話はしません。『短くても内容の濃い話(電話)』をします。

そういった無駄電話の時間を、本業の方に充てれば、その分仕事の効率や『仕事の質』を上げられます。そして無駄話で作った信頼よりも、仕事の内容(結果)で得た信頼の方がはるかに信用信頼が高いのです。さらに、そういった仕事の効率を上げれば、その分時間も気持ちにもゆとりが出て、よりいい仕事ができるという「いい循環」が出来るのです。

 

「仕事が出来る人」というのは、『効率よく仕事をこなし、余裕を持って仕事をし、気持ちにもゆとりがある人』です。そんな、効率よく仕事をして、気持ちにもゆとりがある、本当の意味で「恋も仕事も出来るいいオンナ」でいきましょう。

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

プロフィール


アダルトチルドレンの夫婦の悩みを「しなやか不動心」&「いたわり夫婦」にスイッチする心理カウンセラー:佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら


メルマガでは、ブログではお伝えしていないお役立ち情報を配信しています(登録無料)。

NewEntry/最近の記事

広告・PR

ページ上部へ戻る