[公開]:2022/01/09

ほっかほかの手作り肉まんレシピ

寒い冬はやっぱ『肉まん』ですよね。

しかも、皮から手作りすると格別のうまさです。

【 材料 】

■皮
・薄力粉 150g
・強力粉 50g
・ドライイースト 5g(大さじ半分)
・ベーキングパウダー 5g(大さじ半分)
・砂糖 30g
・塩 少々
・サラダ油 6g(大さじ半分)
・ぬるま湯 100㏄

 

■肉あん
・ひき肉(豚orあいびき) 200g
・玉ねぎ 1/2個
・干し椎茸 2~3個
・オイスターソース 大さじ1/2
・醤油 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・ごま油 大さじ1
・酒 大さじ1
・ガラスープの素 大さじ 1/2
・片栗粉 大さじ1
・胡椒 少々
※タケノコとか入れても美味しいと思います(その分肉を減らしてね)。

 

【1】皮作り

(1)油とぬるま湯以外の材料をビニール袋に入れてよく混ぜます(適当に空気入れてシャカシャカ振ればOK)。

(2)ホームベーカリーに粉と油、ぬるま湯を入れなめらかになるまでこねます。
うちのホームベーカリーでは「こねる」を2回しました。

(3)発酵モードで一次発酵させますor暖かい場所に置いて1時間くらい

発酵させるときは、乾燥しないようにラップしてね。

(4)ガス抜きして8当分にしておきます。

これで生地の準備終了。あとは伸ばして包んで蒸します。

 

【2】包んで蒸す

(1)干しシイタケは水でもどしておき、玉ねぎとともに粗みじんに切っておきます。

(2)すべての餡の材料をよく混ぜて、8当分にしておきます。

(3)8当分にした皮を適当に伸ばし(打ち粉をはたいて直径13~14センチくらいにのばす)、餡をのせて包みます。

てっぺんだけぎゅっとつまんでおけば大抵大丈夫。好きなように包んで(笑)

皮を伸ばすときは、中心(餡をおくところ)が厚めになるように、周辺を少し薄めに伸ばすといいですよ。

あと、餡も1個分ずつラップでぎゅっと丸めておくと包みやすいです。

(4)蒸し器で20分蒸します。

蒸しあがりました!

 

 

うっまぁ~い(⌒∇⌒)

出来立てアツアツをどーぞ。お好みでマスタードとか付けてね。

ちなみに、中身をあんこにすれば「あんまん」もできますよ。

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

心理カウンセラー・らぶさん印

 


メルマガについてのお知らせ

お知らせ

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休


「アダルトチルドレンと催眠の専門家」心理カウンセラー佐藤愛彦
詳しいプロフィールはこちら

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


※スパム対策のため日本語以外の投稿は無視されますのでご注意ください。