シチューをご飯にかける/かけない!?

こんにちは。

アダルトチルドレンの悩みを

希望と輝きに変える【心理の鉄人】

札幌の心理カウンセラー

≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。

本日は

ご飯にシチューをかける/かけない!?

について。

 

先日の「マツコ・有吉の怒り新党」では

シチューをご飯にかけて

食べる夫に怒っています

という怒りメールが届いてました。

シチューをご飯にかけて食べる!?
画像出典:Narinari.com

 

マツコ&有吉さんは

「かけない派」らしい。

ワタクシはかける派・・・

 

と、よくよく聞くと、

マツコさんと有吉さんは

”「カレーのように」

シチューをご飯にかけて食べるかどうか?”

をトークしている。

 

これでいくと、うちでは

シチューとご飯は別皿なので、

「かけない派」になる。

 

が、実際どうやって食べてるか?

ということになると、

最初は別々だけど、

最後は「かけて食べる派」になってる。

 

あ、ちなみにご飯じゃなくて、

「フランスパンとシチュー」の

組み合わせも好きだぞ!!!

 

フランスパンはトーストして、

シチューにIN!

で食べる^^まいう~ 

 

なんか、考えてみると、

「シチューのみ」で食べることって、

まずないよね。

 

大抵はご飯orパンと一緒。

というかご飯の方が圧倒的に多い。

 

というのも、

ご飯に合う「洋食」にリファインされてる、

というか、

「ご飯に合う洋食」だけが広まっている、

と見た方がいいでしょうね。

 

でもって、

「味」について言うならば、

かけて食べようが

別々に食べようが一緒

ってことだし。。。

 

あとは行儀の問題なのか???

 

であるなら、

シチューとご飯とが別皿の場合、

ご飯にシチューかけたり

(シチューにご飯入れたり)

するのは行儀悪い。

 

それならば、最初から

ご飯とシチューを一緒に盛った方がいい、

という見方もできる。

 

シチューとか

ちょっと味の濃いあんかけとか、

麻婆豆腐、八宝菜なんて

ご飯にかけて食べると美味しいもんね(笑)

 

結局うまけりゃ

いいんでね?

 

毛嫌いせずに、

一度やってみたら?

それで嫌だったら、

「私はしない」

で済む話なんでねぇの???

 

よくよく考えると

「何の問題なのか?」、

つまり

「味覚の問題なのか」 

「行儀の問題なのか」

単に「感覚の問題なのか」 

そこがはっきりしないから、

なんか

不毛な議論

でしかないと思うんですけど。 

 

逆にそこをはっきりさせれば、

お互いに接点や解決方法は

見つかるわけ。

 

つーか、

単に「今までしなかったから」という

感覚的な問題なのでは?と思いますが。。。

如何でしょ???

 

ちなみに、

「ご飯にシチューかけるなんて絶対嫌!」

という方、これはどうでしょ?

 

フツーのご飯じゃなくて、

バターライス

だったら、どお?

 

こりゃもう、

シチューかけずにいられないでしょ?

これ、別皿に盛って出されたら、

暴れるぞ!?って感じ(笑)

 

カロリーや糖質うんぬん言ってないで、

ガッツリ大盛りでいきたいわ~(爆)

これなら、お互いが楽しめるでしょ?

 

こういうことを考えていくのが、

本当の解決だと思いますし、

「二人とも楽しめることをする」

ってのが最高でしょうね(`・ω・´)

 

そんなお互い楽しくなれることが

見つけられるようになる、

そんな心理学講座がこちら。

メンタルセラピー講座セルフセラピーコース

 

事前説明会&ミニセミナーは6月7日ですよ~

事前説明会&ミニセミナー

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

らぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休

全国どこからでも、心理カウンセリングが受けられます。
通話カウンセリングについて

------------------------------------------
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR

ページ上部へ戻る