2011年3月11日の記憶Part2:震災時これはヤメロ!

2011年3月11日震災の記憶」の続きです。私達も東日本大震災で被災しました。震災時&震災に関連する「これはやめて欲しい」というものをいくつか挙げておきます。


意味不明の自粛

変に自粛されると被災地の人の方が恐縮してしまいます。それより元気に経済活動してくれる方が100倍も1000倍も嬉しいですよ。

たとえばこれからの季節、「お花見を自粛したので、その会費を募金しま~す!」ならまだしも、変な罪悪感で自粛して「何もしない」ってのが最もよくないです。だったら飲んで騒いで元気出して働いて、ちょっとでもいいから募金に回しましょう。

もし「収入が少ないので募金はちょっと。。。」という方でも、何も悪く思わなくていいです。そちらで経済活動してくれれば、回りまわっていくから。震災が起こったときに被災地以外で変な自粛が最もよくないのです。

 


ヒーリングよりも金送れ!

被災した時に欲しいものある?とか聞かれても、届くまでに時間かかって無用の長物と化すこともあります。だから、やっぱ何にでも使えるお金が一番うれしいもの。

ヒーリングしたいならしてもいいけど、(生半可なストレスではないので)まず役に立たないし自己満足にしかならないから、そのつもりで。でも、それなら近くの誰かとっ捕まえてヒーリングして、代金もらって募金しなはれ。その方がどちらにも喜ばれるし役にも立ちます。


安全な地域での買占め

安全な地域で買占めが起こると、被災地に必要なものが回らなくなる可能性がありますから、これはホントやめてください。そもそも、直接被害のない地域は食料も日用品もガソリンも、きちんと流通しますから、買い占めたりする必要ないんです。そんなに心配なら地震が起こってから買いに行くのではなく、普段からきちんと備蓄しておいてください。


ほとんどデマの情報、根拠のない「気を付けてください」情報

こういう時にね、ノー天気にデマ情報流されるのって、まぢ腹立ちます。余裕ぶっこいて、そんなアホ情報流すなら、喜んで代わってやる!ここに来いや!!!みたいな。

先の「正確な情報」にも関係するんだけど、『普段から余計な情報流すな!』と声を超・超・超・大きくして言っておきます。まあ、震災の時はスマホ・携帯、ネットの類は使えないと思っておいた方がいいのだが、もし使えるような時に余計な情報が混在していると、混乱して身動きとれなくなる可能性があります。それって余計なお世話以外の何ものでもないです。だから普段からやるな!!!です。

 

また、例えば、津波警報が発令された時、まだ知らない人に早く教えてあげよう、と思う人もいるかもしれません。でも、これもまず不要。というのも、スマホや携帯には緊急速報の受信機能があるから、該当地域の人はいち早く受信して、結構な音量で警報が鳴るからです(夜中でも確実に目が覚めるレベル)。

関係省庁より早く正確な情報流せるならいいけど、そんなことできないでしょ?そういった意味も含めて、SNSで「危険で~す、注意してください」なんて邪魔な情報でしかない。ぶっちゃけ、「不確定情報流すんじゃねぇ(# ゚Д゚)」ってレベルだから。

 

 

でもって、地震や津波は「自然とどう付き合うか・向き合うか?」なんだよね。

人は自然を愛で、楽しむし、いいところしか見ない。だから「優しく、たくさんの恵みを与えてくれるもの」って思いがちだけど、実際はそうじゃない。自然に慈悲なんてないし、時に圧倒的なエネルギーで破壊の限りを尽くす。地震も津波も、地球という巨大なシステム(生命体?)の、その働きの一部なんです。

それに東日本大震災クラスの地震は1000年周期くらいで起るらしいけど、現代科学をもってしても地震予知は全くと言っていいほどできない。さらに人は自然をコントロールできないし、ましてや「神の怒り」なんかではない。どこでどう起こるか、突発的で予測もできないし、その全てに対応もできない。だから一度起きてしまうと甚大な被害が出る。

じゃあ、その対応(準備)を、となると、日本全国どこで災害が起こってもすぐに必要なだけの物資を届けられるようなシステムと、交通網の整備、住宅を含む全ての建築物の耐震強化が必要。。。ってキリないし、全てに対応するなど不可能。地震が起こるたびに、被災したわけでもないのにヒステリー起こしてしまうような人は、この辺をよく考えてみるといいかもしれない。

 

「被害を思い出せ」よりも復興にフォーカス

震災の年の8月頃に女川を見に行った時の写真です。って、アップしようと思ったけど、やめた。見たいなら個別に見せます。女川は金華山(神社)に行くので何度か訪れたし、また行きたい地なので想い出深い土地だけどね。

なんかね、マスコミ(ニュース)とかで当時の写真見せて「震災の被害を忘れるな」というのも結構あるんだけど、なんか疑問。被災地以外の方に「震災はこんなにひどいんだぜ?お前らはのうのうと何やってんの?」みたいな批難のように感じて、私は好きではありません。もちろんそういったことを風化させないように、と言う側面もあるから悪いことでもないのだが、なんだかね~・・・

故マザーテレサは反戦集会に誘われた時、『反戦集会には行かないけど、平和集会には行く』と答えたそうです。ワタクシもこれと同じ考えです。地震も原発もあれがダメ、これがダメと、ダメ出しばかりしているのは反戦集会と同じだと思う。「今復興途中で頑張っています」とか「こういうところに支援が必要です」っていう情報の方が平和集会的でいいんなんじゃないかと思います。

 

ついでに、この続き「2011年3月11日の記憶Part3:原発問題について考えてみる」もあるでよ。

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

2011年3月11日の記憶Part2:震災時これはヤメロ!

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る