「悩み」と「催眠」の怪しい(?)関係

 

悩み」とは、もうちょっと分かりやすく言うと何だと思います?最近ではメンタルブロックだ、なんだかんだ言われますが。。。

ものすご~く簡単に言えば、「これしかない(できない)」と思い込んでしまっている『自己催眠状態』なんですね。そして、催眠自体がすごく誤解というか、とんでもない解釈されがちなんですが、こちらも簡単に言うと『思考や考えが、すごく限定されている状態』のことをいいます。

 

TVで有名タレントさんが「奥さん!これいいですよ~」とか、「これ、すごく美味しいですぅ~♪」なんて言ったら、翌日には売り場に沢山の人が殺到、商品売り切れ・・・(@@;)なんてことありますよね。

必要かどうか?なんて考えないで、「あの人が言っているから、いいものなんだろう」と思い込んでしまったり、必要かどうか深く考えず買ってしまうわけですが、これが催眠なんですよ。

 

でもって、悩みを解決するには(実際の効果はともかくとして)、『何か別のことを思い込ませる』、『何も考えなくする』という方法があるのですが。。。ええい!そりゃどっちも「催眠かける」ですよ!? 催眠で催眠の上書き?最初はいいかもしれないけど、そのうち余計悪化しまんがな。。。

ではどうするか? 「催眠にかかっている」のだから、まずは『その催眠を切る(催眠状態から一旦覚醒させる)』ことが必要、、、というか必須なんですよ。

それには、『答えの出ることをしっかり考える(考えさせる)』ことなんです。これが解く催眠の基本です。

 

悩んでいる人というのは、どうしてこうなった(原因不明)・・・とか、あの時こうしていれば(変えられないこと)・・・とか、嫌な感情だけ無くしたい(無理)・・・とか、いくら考えても「答えの出ないこと」を考えているわけです。

だから、悩んでいる人に「人生の意味は・・・?」「生まれてきた目的は・・・?」みたいな答えのない質問(状態によって答えが変わります)をしたり、そういったことを考えると、余計に悩みを深めてしまうのです。

例えば自分の状態を客観視してどういう状態にあるのかとか、その時(問題が起こった時)何が起こったのかどういう状態だったのか、など、ちゃんと「答えが出ること」を考えさせると催眠が解け、自然と自分がしたい・なりたい方向にいくわけです。

 

それと、「(以前)そういうことがあった」だけなのに、「今もそうである」とか「これからも続くにちがいない」って思ってしまうことが「悩み(うまくいかない)」の本質。

それってよく考えれば、「そう思い込んでいるだけ」であって、「絶対変わらない、変えることができない」じゃないよね。

本当ははいろんなことが出来る(その力がある)のに「何もできない」と思ってしまったり、本当はいろんな選択肢があるのに「これしかない」と思ってしまう、それが思い込みであり、自己催眠ということなんですよ。

 

また、未来(これから)のことは「起こるかもしれない」と「起こらないかもしれない」が必ずワンセットになっています。

未来への不安は適切な対応しておけば「できるだけ起こらないようにする」ことが出来きます。また、不安なことが起こりそうなら、その対策をきちんと持っておけば不安を解消できますし、もし本当に悪いことが起こっても最小限で済みます。

そういうことをやって、「いろんな選択肢の中から、最善ものを選択する」ことが出来るようになるのが「悩みが解決する」ってこと。

 

 

原因を知れば安心はするけど、それは必ずしも解決にはならないし、特に心の問題は解決策を別に考えないといけない。前世とか霊とかが原因になると、余計に解決できないわけで、さらに悩むかコントロールされるって羽目に。。。

いろんな選択肢を考えて、その中の最善を選択し行動することで『自信』になるし、結局のところ、それが『自分らしく生きる』ってことなんですよ。

でもね、ぶっちゃけ言いますが、ちゃんと思い込み、自己催眠を解かないと、まず何も変わりません。

 

何か別のことを考えるとか、他のことで忙しくするとかで、「考えないようにする」という方法もあるんですが・・・これは単に一時しのぎ。根本的には変わってないから、少し経てば(もしくは時間があると)またすぐ同じことで悩み始めます。

ちなみに、わざと思考を混乱させて一時的に考えなくさせると、どうなると思います?

 

これ、ホント一時的にですが、ものすごくスッキリするため、悩みが解決したように勘違いしてしまいます。※あくまで一時的です。

そして、このあと、適当な暗示入れると「洗脳」とか「マインドコントロール」に・・・怖っ(@@;)?

 

悩みって、要は「考えすぎ」なんだけど、考えるべきことを間違えているなんですね。「考えていることが間違い」ではないんです。必用なことを考えずに余計なことばかり考える、つまり「考える対象が間違っている」ということなのです。

本当はどうなりたいのか/どうしたいのか、今何をすべきか、などをちゃんと考えて行動している人が「うまくいっている人」とか「成功者」なんですよ。

だから、「本当に必要なことを考える」というのは、悩みの本質である「自己催眠」を解くことにもなるし、幸せな人生につながるために絶対必要ってことです。

 

催眠は「かける」より、「切る(覚醒させる)」方が重要です。べつに「かける」催眠が悪い、とか言ってんじゃないですよ。それが必要なこともあるんだけど、悩みの解決には「催眠をかけるだけじゃダメ」」ってこと。

そこのあたりも、よ~く覚えておいてほしいのですわい。

 

 

内なる批判者と仲良くしてはいけない

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)mらぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休

全国どこからでも、心理カウンセリングが受けられます。
通話カウンセリングについて

------------------------------------------
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR

WordPressテーマならTCD
ページ上部へ戻る