催眠とは

催眠とは

催眠とは

「催眠」というと、“催眠術”や“マインドコントロール”のような「誰かにコントロールされている状態」を思い浮かべる方が多いかと思います。これも「催眠」なのですが、実は催眠とはこれだけではありません。

寝起きのウトウトのような「ただ感じているだけの状態」や「権威の言うことやTVで見た・聞いたことを疑いもせず信じてしまうこと」、「いつの間にか出来てしまう思い込み」、一見関係なさそうな「瞑想」までもが催眠です。

催眠の例:()は催眠の度合
TVや映画を見たり本を読むことに集中する(軽)
習慣や思い込み(軽~中)
誰かの声や一つの音を聞き分ける(軽)
未来をイメージする(軽~中)
過去の体験を思い出す(軽~中)
催眠術(軽~深)
空想する(軽)
妄想(中~深)
瞑想(中)
催眠療法、ヒプノセラピー(軽~深)
洗脳、マインドコントロール(中~深)
寝起きのウトウト(深)

催眠とは『何かを「見たり」「感じたり」「イメージしたり」したりして相対的に思考が低下して無意識的になること』なのです(結果的にコントロールされたり、思い込みが出来たり、リラックスしたりします)。

そして「無意識的になる」ということは「潜在意識とつながりやすくなる」ことであり、催眠を使うことは『潜在意識のコントロール』そのものなのです。

 

催眠を活用する、ということ。

恋愛結婚・仕事・人間関係などで「幸せな(うまくいっている)人」ほど、催眠を上手に使っているものです。しかし、それを上手く説明できる人が殆どいないため、殆ど知られていないことでもあります。

そして、催眠は「かけるもの」だけでなく、「解く(=かけない)催眠」というのもあります。

悩みの原因は「不要な思い込み」で、これは一種の自己催眠(自己暗示)のようなものです。ですから悩みの解決のためにこの「自己催眠を解く」必要があるのですが、これも「催眠」の活用です。

 

さらに、幸せな未来を作っていくために、なりたい状態や幸せな未来を明確にイメージして潜在意識にインプットするのも催眠です。このような催眠の使い方をすると、自然と意識が未来に向き、幸せな人生を創っていく力が湧いてきます。

これは『自分でコントロールする催眠』で最もよい催眠の使い方、『本当の自己催眠』でもあります。


催眠を「意図的に人をコントロールする」とか「無いものをあると思わせる(あるものを無いと思わせる)」ように使うのが“催眠術”や“マインドコントロール”です。

これに対し、催眠を「悩みを解決したり、幸せな人生を創る」ために使う、一般的な「かける催眠」とは真逆の催眠が「かけない催眠」です。そして、その「かけない催眠」を活用するのが成幸の森の心理カウンセリングなのです。

 

ちなみに、成幸の森の心理カウンセリングは、催眠をかけない(催眠誘導しない)ので、カウンセリング中は普通に会話しているだけ。

「かけない催眠」心理カウンセリングの効果(例)
不要な思い込み(自己催眠)を解く
今と過去の本当の気持ちに気付き、解放する(癒す)
ストレスを解消しリラックスさせる
幸せな未来像を明確にして潜在意識にインプット
カウンセリングに集中し、他の心理療法の効果を高める

 

「アダルトチルドレンの心の悩み」「恋愛結婚・仕事・人間関係などの悩み」を解決したい、幸せな未来を作っていきたい方はぜひ、成幸の森の『かけない催眠』心理カウンセリングをご活用ください。

⇒ 心理カウンセリング

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休、TEL011-556-0496
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森

TEL:011-556-0496(10:00~19:00)
完全予約制、月曜・火曜定休(祝日の場合は翌日定休)


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

広告・PR
ページ上部へ戻る