アダルトチルドレンと恋愛・結婚と親子関係と

「催眠と潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラー「らぶさん☆」こと佐藤愛彦です。こんにちは。

本日は『アダルトチルドレンと恋愛・結婚と親子関係』についてお話しします。

恋愛・結婚と親子関係には密接な関係があります。実はアダルトチルドレンだから、というわけではなく、恋愛・結婚がうまくいかない方はまずはここから見直すことが幸せへの近道です(`・ω・´) 心理カウンセリングではよくある事例だからです。

 

恋愛・結婚がうまくい方かない方がおられますが、どちらの場合でも「親子関係」が大きく影響しています。というより「いつのまにか影響されている」と言った方がいいのかもしれません。

多くの方は自覚ないかもしれませんが、親との関係性は恋愛・結婚に確実に影響しています。そのままセルフイメージにも直結します。実際、心理カウンセリング個人セッションでは、恋愛・結婚のご相談では「過去の親子関係の見直しで解決した」という事例がたくさんあります。

 

どうして親との関係性なのか?というと、まず、子は親の姿や生き様を見て育ちます。そして親の意向がある/なしに関わらず、生活や教育によって影響を受るからです。それが性格や価値観だけでなく、恋愛・結婚観にも大いに影響します。

つまり、思春期あたりだけでなく異性に興味を持つ以前から恋愛・結婚への影響が作られてしまうのです。親の仲・不仲(パートナーシップ)や社交性も大きく影響し、例えば親が不仲でケンカばかりなんて場合「結婚とはこんなもの(こんなにも悪いもの)」みたいな思い込み(価値観)が出来てしまいます。

 

その結果、ヒステリックになってしまったり、無意識的に恋愛・結婚を避けようとしたり、恋人/夫とのトラブルを引き起こします。これにより、無意識的にダメンズを選んでしまうことも(汗)逆に両親の仲が良ければ、今度は「恋愛・結婚は楽しいもの幸せになるもの」という思い込みが出来てきます。それだけで恋愛・結婚に前向きになります。

また、親の社交性も影響し、適度に良い社交性を持つ親なら、その子の社交性も良い方向に向かいます(社交性が良い=恋愛しやすくなります)。何よりも、良い恋人・夫を選びやすくなります。

 

そして、両親の関係性だけでなく、異性の親そのものと家庭内の順位(人間関係)も影響します。

母親・父親共に恋愛・結婚に影響しますが、「異性の親(女性ならば父親)」が恋愛・結婚観に影響してきます。人は幼児期に異性の親に対して、ほのかな恋愛感情に似た感情を持つそうです。しかし、そこに母親(父親)が割って入るので疑似失恋を経験(親離れの一種)することになります。実はこれがあってこそ、健全な依存と自立となり、良い恋愛・結婚につながっていきます。

逆にこれがうまくいっていないと、いつまでも父親を恋愛対象として(無意識で)投影してしまい父親と似たタイプか真逆のタイプを選んでしまいます。父親と似たタイプでも真逆でも、この場合の恋愛・結婚は心の中のスキマをうめるための「代償行為」ですから、そのスキマは埋まりません。かえってその心の奥底の感情を彼(夫)にぶつけて不和のもとになり、現実の恋愛(夫婦関係)がうまくいかないのです。

 

プラスして家庭内の順位も関係してきます。健全な家庭では「親→その配偶者→子→祖父母」という順位が出来ています。しかし母親が子供より父親を優先すれば、子供はすねてしまうかもしれません。なので「親→子→配偶者→祖父母」の方が良い?というとそうではありません。

実は先ほどの健全な順位が出来ていると、夫婦というものは配偶者を大切にするものだという無意識的な価値観が子供に芽生えてきます。それは大人になってから良い恋愛・結婚につながります。

どういうことかというと、もし、妻(自分)を大切にしない夫なら価値観と合いません。なので、きちんと「大切にして」と言えますし、度が過ぎれば「そんな夫いらな~い」となります。しかし、「夫は妻をないがしろにしていい」とか「配偶者より子供を絶対優先にすべき」みたいな価値観になってしまったとしたら・・・ダメンズやダメ夫を選んだり離れられなくなるのは道理なのです。

 

ひとこと加えておきますが、これは子をないがしろにしろ、という意味ではありません。あくまで順位としては子供より配偶者優先ですが、きちんと子供も愛してあげるのは当然ですからね!!

 

しつけ(教育)なども直接恋愛とは関係ないように見えますが、親が厳しすぎたり過干渉である場合も恋愛・結婚に影響してきます。このような親の場合、子は大人になると過度に自立しようとしたり、依存的になってしまいがちです。

過度な自立に向かえば、異性(配偶者)に頼れなかったり、過剰に世話を焼いてしまうようになります。つまり「対等」や「助け合う」という関係でなくなってしまうのです。逆に依存的になってしまうと、「私を助けて」ばかりになったり現実を見ずに理想ばかりを追ってしまいます。これもまた恋愛・結婚(夫婦関係)がうまくいきません。

 

親子関係が良いにこしたことはありませんが「仲の良すぎる親子」はどうでしょうか?実はこういった親子関係の人ほど恋愛・結婚がうまくいかないことがあります。え~?どういうこと???って不思議に思うでしょ?

びっくりすると思うんだけど、実はそれは「過干渉」の一種であったり「子離れ親離れが出来ていない」状態なのに、親子共に『それが当たり前(問題なし)』と思ってしまっているのです。こうなると親子関係で満足してしまいますから、わざわざ他人である恋人/夫を入れようとしなくなります。つまりは恋愛・結婚が出来なく/しなくなってしまうのです。

仮に恋愛・結婚に至ったとしても何事も恋人/夫より親子関係を優先したり、「異性の親(女性は父親、男性は母親)と恋人/夫を比較してダメ出し」をしがち。それで恋人/夫婦間が円満になるわけないでしょ!?

もちろん、それでもいいよ~と認めてくれ、全くストレスを感じない男性ならいいのですが・・・まず、多くの男性はそれを無意識的に感じ取り、嫌います。逆にこういう女性の多くはこのような従順な男性を嫌い、非常に主体性の強い男性を求めます。

ですが、そういう男性こそ、こんな親子関係に好き好んで入っていきません。だからうまくいかない悪循環に(汗)

 

このように知らず知らずのうちに親子関係が恋愛・結婚に影響しているのです。つまるところ、それは価値観やセルフイメージであったりコンプレックスであったり・・・

心理カウンセリングではそういった心の奥底に潜む問題を根本から解決し、幸せな恋愛・結婚につながるようにサポートしていきます。それは恋愛・結婚のみならず、さらに「人間力」「人生力」をもアップすることを意味します。

要するに、幸せな恋愛・結婚を望むなら、親子関係を見直すことなのです(過去の親子関係を見直さなければならない方と、今の親子関係を見直さなければならない方、の2種類います)。

 

そして、その最も効果的、楽に早く解決できるのが心理カウンセリングです。

ちなみに幸せな恋愛・結婚のために「女子力アップ」もいいですが、どちらかというと表面的なものに始終しがちです。なので心理カウンセリングで根本的なものを先に解決しておいて女子力アップすると、効果バツグンでススメですよ^^

↓ブログを読んでくれたあなたへのプレゼントです↓

アダルトチルドレンと恋愛・結婚と親子関係と

 

本日もブログをお読み頂き

ありがとうございましたm(_._)m

らぶさん印

 

お知らせ

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休、TEL011-556-0496
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森

TEL:011-556-0496(10:00~19:00)
完全予約制、月曜・火曜定休(祝日の場合は翌日定休)


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る