アダルトチルドレンの特徴

≪催眠と潜在意識の専門家≫心理カウンセラーの「らぶさん☆」佐藤愛彦です。こんにちは。

本日は『アダルトチルドレンの特徴』についてお話ししたいと思います。

 

アダルトチルドレンの特徴

『アダルトチルドレン(Adult Children、AC)』は”幼稚な大人”とか“子供っぽい大人”・・・ではありません。幼少期には大人のように振る舞わざるを得ず、大人になって生き辛さや悩みを抱えて生きている人のことです。

もともとは1980年代アメリカで生まれた言葉で、本当は「Adult Children of Alcoholism(大人になったアルコール依存症の子供たち)」を略したものです。

アルコール依存症の親のもとで育った子供が、大人になって家庭から解放され楽になる・・・はずが、かえって生き辛さを感じたり悩みを抱えてしまうことからこう呼ばれるようになりました。

アルコール依存症の親だけでなくドラッグやDV、虐待など、『子供が安心して生きていけない家庭環境(機能不全家族と言うこともあります)』で育っている、という特徴があります。

つまり、その子供たちは親に心身を傷つけられたり、仕方なく親の代わりをしなければならなかったり、極度の不安や緊張、恐れの中で生きていかなければならなかったのです。子供達は生き残るため、自分の感情を押し殺してでもその過酷な生活環境を受け入れ、順応・適応していきます。

では、この子供たちが成長して独立し、環境が変わると、どうなるでしょうか?

自分を傷つける存在からは離れたわけですから、もうこれ以上苦しい思いをすることもなく、感情を押し殺して生きる必要もなく、自由に楽に生きられるはず・・・しかし、なぜかそういきません。

夢や希望に満ちているはずの社会や新しい人間関係に、そして、安心できるはずの新たな家庭に不安や生き辛さを感じ悩みながら生きていくのです。

この矛盾がアダルトチルドレンの大きな特徴なのです。

 

アダルトチルドレン(AC)の代表的な特徴

自己否定感や罪悪感、無価値観が強く、勝手にそう思ってしまう。

何事もネガティブ・否定的で、常に不安に感じてしまう。

努力家、頑張り屋だが、実は自信がない。

依存的ですぐ人を頼り、自分で決められない。

人を頼らず、何事も自分一人で解決しようとする/頑張る。

自分の意見が言えない/ついつい人に合わせてしまう

自分を犠牲にして人に尽くしたり、手伝ったりするが、報われない

頼まれると断れない/嫌と言えない/頼めない

恋愛がうまくいかない、自分も人も愛せない

喜怒哀楽の感情を表すことが苦手/わからない

ちょっとしたことでも被害者意識を持ってしまう

心底楽しむことができない

他人の言動に過剰に反応してしまうことがある

なにごとも 極端になりやすい、良い意味での適当さがない

親を憎んだり否定しながらも、親と同じような行動をしてしまう

 

辛かった「家庭(親)」から解放されているのに、なぜ生き辛くなってしまうのでしょう?

 

それは、親(家庭環境)によって

~してはいけない(禁止令)

~しなければいけない、

こうあるべき(義務)

といった無意識的な思い込みや価値観が出来てしまっているからです。

子供の頃は禁止や義務を果たすことで安全に生きられました。しかし、大人になってその必要なくなっても、その禁止令や義務が残ったまま。その禁止令や義務の思い込み(価値観)があることがわからず、たとえわかったとしても変えられずにいるからなのです。

さらに親に対する怒りや悲しみ・寂しさ、我慢など、その時の満たされなかった想いが心の奥に残ったままになっています。

だから不安や自己否定に陥ったり、わけもなく苦しくなったり、無理したり頑張り続けたりしてしまうのです。

アダルトチルドレンの一番の大きな特徴が『自分のためではなく誰かの期待に過剰に、時に異常と思えるほど応えようとしてしまう』こと。結果的に他人優先で、自分は二の次です。その結果、心身共に疲れ果て、やがては本当に心を病み鬱(うつ)になることも少なくありません。

※まれに他人に対して高圧的・支配的(ACと真逆の状態)になることもあります。

 

日本のアダルトチルドレン

実はアダルトチルドレンはアルコール依存症、ドラッグ、DV、虐待などの過酷な家庭環境だけに起こるわけではありません。日本の場合、そういった家庭はむしろ少なく、「良い家庭(よい親)・良い子なのにアダルトチルドレン」ということがよくあります。

というか、日本では『仕事熱心な父親』『良妻賢母な母親』『優等生な子』という極めて理想的な家庭が機能不全家族になり、その子供たちがアダルトチルドレン化してしまうことがよくあるのです。

「え?『理想の家庭』なのに何故?」と思いませんか?

実は父親は家庭より仕事優先だったり、自分本位だったり、お金(収入)で家族をコントロールしようとします。母親はせっせと世話を焼くことで夫と子供をコントロールしようとします(このコントロールは意識的でも無意識的でもあります)。そして、いつしかこの夫婦はどちらも配偶者と子供を『自分がいることで生活が成り立っている』ように思わせます。

 父親と母親はそのへんはお互いうまく利用して(?)やっていけます。しかし、大人と違い、子供はそうはいきません。子供にとっての親は生活の全てを与えてくれる存在。親の言うことやることを神様にも等しい「絶対のもの」として扱ってしまいます。

 基本的に子供は親の愛情を欲します。愛されたいのです。適度な愛情は心身を健全に育みます。

しかし、子供を支配しようとするような親の言動でも、全てを『愛情』と勘違いしてしまうのです。その結果、両親の期待に応えようと一生懸命勉強したり、常に両親の期待通りの『良い子』であろうとします。この時から自分の意思は二の次にして頑張り続けています。それはやがて『頑張って結果を出せば親が愛してくれる』へと変化・・・

 

いつのまにか『誰かの期待に応える良い子でないといけない。そうしないと自分は愛されない、価値がない。』へと変わっていきます。さらに、さしたる理由もないのに「誰かの期待に応えなければ価値がない」という価値観に変化してしまうのです。

 

最大の問題と解決のために

その価値観で一番問題になるなのは、『無意識的なもので、自分ではわからない』ということです。

そして、自分の気持ちを抑え、頑張り続けているうちに、喜怒哀楽がうまく表現できなくなったり、疲れ切っていることにも気づかなくなることがあります。

アダルトチルドレンは親の期待に応えようと、子供の頃から必死で『頑張りすぎて』しまっているのです。大人になっても、誤った価値観を持ったまま。子供の頃のように、親に対する誤った想いそのままに今度は別の誰かのために頑張りすぎて苦しくなってしまうのです。

このようにアダルトチルドレンは子供の頃は『親に期待されていること』を、社会に出ても『自分以外の誰かに期待されていること』、つま『自分以外の期待』という底知ぬ欲求を満たそうと努力し続けます。しかし、社会ではどんなに頑張っても自分が望むような見返りを与えてくれません。親の愛を与えてくれることはないからです。

そのことに気付かず頑張り続け、やがて心身共に疲れ果てしまいます。時には心を病んでしまうのです。大人になっても楽にならないのはこのためなのです。日本のアダルトチルドレンが「良い親」「良い子」の家庭に多いのもこういった背景によるものなのです。

なお、全てがこれにあてはまるわけではありません。

ごく普通の家庭、どちらかというと良い親だったけど・・・そんな家庭でもアダルトチルドレンの特徴を持ってしまう可能性は大いにあります。何故なら、「親の何気ない一言」が子供に大いに影響を及ぼし、それがアダルトチルドレンへとつながることがあるからです。

 

私は「アダルトチルドレンの特徴」というのは、「子供の頃に家庭(親)によりなんらかの心の傷を負いそれが原因で生き辛さや悩みを抱えてしまう大人」であると思います。

そういう意味では、相当数の人がアダルトチルドレンであると言えます。大人になっても何か生き辛さや悩みを抱えてしまう・・・何かうまくいかない・・・と感じたら、「アダルトチルドレン」を疑ってみることも必要です。

 

そして、アダルトチルドレンの生き辛さや悩みは心理的なものです。無意識にある価値観(=思い込み)を変えていかなければ解決しませんし、感情的なケアも必要です。なので、占いやコーチングより心理カウンセリングの方が解決がずっと早いですし、おススメです。

心理カウンセリングを利用すると、思っていたよりもずっと早く確実に人生がうまくいくようになります。

 

↓記事を読んでくれたあなたへのプレゼント↓

アダルトチルドレンの特徴

 

本日もブログをお読み頂き、ありがとうございましたm(_._)mらぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る