メルマガBN「“させている”って、どおよ?」

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森。

「催眠と潜在意識の専門家」札幌の心理カウンセラー≪らぶさん☆佐藤愛彦≫です。こんにちは。

成幸の森メルマガ2016年3月2日号のバックナンバー「“させている”って、どおよ?」です。

 

ここから***************

心理カウンセラーの

「らぶさん☆」こと佐藤愛彦です。

こんぬづわ。

 

ちょいと北の方へ行ってきました。

帰りがけ、こりゃ××な方が・・・

続きは編集後記で。

 

 

◇『“させている”って、どおよ?』

本日は

「させている」

について。

 

なんでしょね~?

「させている」って。

 

怒らせている

悲しくさせている

浮気せている

などなど、

 

様々な

「させている」

があります。

 

しかし、しかし、

だがしかし(`・ω・´)

オトナの場合は、

「させている(原因)」と

「している(自発的)」が

ごっちゃになっていて、

殆どの場合、

「している」

割合の方が多いものです。

 

例えば親が子に

「塾に行かせている」

「宿題させている」

「好き嫌いなく食べさせている」

ってのは

 

親が子に対して

“(絶対的な)強制力を持ってさせている”

だから

「させている」でいいんです。

 

大人の場合は違います。

浮気だろうが怒っているんだろうが、

たとえ相手に原因はあっても

本人が「そうしている」のです。

 

そこに強制力はないんですから、

100%「お前がそうさせている」

なんてことはないんです。

 

「している」と「させている」は

トレードできるものではありません。

してもいけません。

 

パートナーシップの基本です。

パートナーは対等であり、

約束事は話し合って決めるものです。

 

そして大人の

「お前が俺を怒らせているんだ」

みたいなものは

「怒ることの正当化」であって、

相手をコントロールしたい欲望を

隠すためのものです。

 

※「怒らないとわからない」

という人の場合は

「怒らせている」でいいです。

 

人生相談全般で、

パートナー(夫や彼氏)の問題、

浮気とか風俗通い、はたまたDVなんかで

 

「私がそうさせているのでしょうか」

 

なんてのがたまにありますが、

「ちょっと待て!よく考えてみなさい」

と言いたくなります。

 

確かにそうさせる原因は

あなたにあるのかもしれません。

でも、それを解決していくのが

パートナーシップですよ?

 

それをしないで、

「不満があるから

(自分勝手な)好きなことしていい」

なんていうのは、

ワガママ以外の

何者でもありません。

 

まあ、本来であれば、

そうなる前に

なんとかしなければいけないこと。

それを解決せずに先送りした

「ツケ」とみることもできます。

 

そういう意味では

「そうさせた」人にも

問題があります。

 

しかし、それはその人の問題であって、

浮気やDVをしていい、

という免罪符ではありません。

 

でもって、その解答で

「旦那さんの浮気は

あなたがそうさせているんです。」

という、全面的に

「そうさせている方が悪い」

という回答を見たことありますが、

正直、ぶっ飛びそうになりましたわ。

 

なぜこういう回答になるかというと、

その方が簡単だからでしょうね。

 

メインの問題は「相手の浮気」です。

しかし、こういう回答は

(反論をさせないように)

罪悪感を植え付けて

コントロールできますからね。

 

・・・って、あれ?

このセラピスト?カウンセラー?は、

「お前が俺を怒らせている」

と同じレベルだぞ?

 

でもって、

「そうさせている」かどうかの前に

『何が問題であるか』

何が問題で、何を解決(改善)

すればいいのか、

相手の問題と

自分の問題とを

分けて考えること。

 

そうすることで、

罪悪感を感じる必要性もなくなれば

犯人捜しの必要もなくなります。

 

「夫が浮気した」なら、

「お前がそうさせた」も

「私がそうさせてしまった?」も

不要です。

 

浮気をしたことは浮気をしたこと。

これは相手の問題であり、

その解決を探ります。

 

浮気をされた方としては、

価値観として浮気が許せないのか、

気持ちを大切にされなかったことなのか、

その点はその点で解決を探ります。

 

そこが分かれば知ることができれば、

自然に解決の方に向かいますからね。

 

まあ、実際にワタクシが

心理カウンセリングでやっているのが

この方法(見方)なんです。

なによりも解決が早いのです。

 

そして

本当の成功者の考え方なんですよ、

これ。

 

残念ながら、

この方法をカウンセリングに

活かしているカウンセラーは

ごくわずかかと。

 

なぜかというと、

常に一定で公平な観察力と

冷静な判断力という

本物のセラピスト/カウンセラーとしての

技量が問われるものだからです。

 

あと、その効果とは裏腹に、

見た目の派手さがなく地味なこと。

 

そして、

「あなたがさせているんです」

みたいな方が

(効果はなくとも)

インパクトがあるからかも?

 

つまり、

本当に解決するかどうかより、

見た目(?)のインパクトさを

重視するカウンセラーやセラピストが

少なくないってこと。

 

でも、それって

本末転倒じゃね?

と思いますが、いかがでしょ?

 

でもって、

「あの人に浮気させてしまったのは

私のせいなのよの・・・

なんてことを

してしまったのかしらぁぁぁあぁぁぁ」

 

い~つまでもぉ~変わることなくぅぅぅ

悲劇のヒロインごっこをしたければ、

そちらにどうぞ。

 

いやいや、そんなの嫌。

良いパートナーと幸せ築いていきたい!!!

という方は引き続き

成幸の森&らぶさん☆をご贔屓に(笑)

 

ということで、

「させている」って

実はアホなことでした、

ってお話しですた。

 

 

◇編集後記


札幌からの帰りの飛行機でのこと。

暴風雪に巻き込まれましたが、

10分くらいの遅延だけで済みました^^

⇒日頃の行いのせいであろう!

 

でもって、指定席に行くと、

(3列シートの)

先に座っていた女性が、

私達の座席に平然と

コートやらバックやら

置いてました(・◇・;)

 

私達が声をかけて、

ようやく(しぶしぶ?)

荷物をよけましたが、

そもそも、私達の席なんですけど?

 

満席でもありませんが、

それに近いような便でしたから、

当然3列シートでも

隣に誰か来るだろうことは

予測つくと思うのですが。

 

はっきし言って、

美しくない

(つーか、はしたない)

行動ですな。

 

もちろん、

「大人のいい女」

ではありませんなぁ。

 

ちなみに、

仙台空港に到着して、

機内を出る時、

前の席に座っていた男性は

「失礼します」

といって列に入られました。

 

こういうのを紳士と言います。

やはり、公共のマナーを守れる

紳士淑女でいきたいもんですね。

 

***************ここまで

 

メルマガ登録はこちら

↑クリックするとメルマガ登録フォームが開きます。
登録は無料です。読者になると「無料質問フォーム」がご利用頂けます(ニックネームでご利用頂けます)。

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)mらぶさん印

 

お知らせ

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目 (地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休

全国どこからでも、心理カウンセリングが受けられます。
通話カウンセリングについて

------------------------------------------
 初めての方へ
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み
 プロフィール

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森

■メンタルセラピー成幸の森
札幌市中央区南1条西18丁目
(地下鉄東西線西18丁目駅より徒歩2分)
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制

お問合せ
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」「お申込み」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

プロフィール


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

広告・PR

ページ上部へ戻る