心理カウンセリングの特徴(1):潜在意識(無意識)からの問題解決

 

心理カウンセリングの特徴(1)潜在意識からの問題解決

 

「かけない催眠」心理カウンセリングの特徴その1:『潜在意識(無意識)からの問題解決』

 

心の悩みは本を読んでも、頭で考えてもなかなか解決しません。それどころか余計に深刻になってしまうことさえあります。

考え方や行動だけでなく、潜在意識を変えようとかセルフイメージを変えよう、変えた方がいいと分かっていてもなかなか変わりませんし、変わったかどうかもよくわかりません。これには「潜在意識」が深く絡んでいるからです。

 

まず、悩み(問題)には3つの原因があります。
本来必要のない【不要な思い込み
心の奥に抑え込んでいる【本当の気持ち
「人間関係」も含めた【環境

 

これらのうち、頭で考えて答えが出そうなのは「環境」の問題だけで、他の2つは気付くことすら非常に難しいもの。実は「悩みや問題の根本が潜在意識(無意識)にあるから」なのです。逆に言えば、潜在意識(無意識)をうまく活用すれば悩みも解決できる、ということです。

 

【潜在意識(無意識)の主な特徴】

「言葉」ではなく「感情」「イメージ」「体感覚」を使います

強い感情や何度も繰り返したりすることを優先します

「善悪」「良い悪い」など一切判断をしません

「現在・過去・未来」の時間や空間の認識がありません

否定(~をしたくない)がなく、全て肯定形(~します)になります

つまり、潜在意識(無意識)は強い感情を伴うもの・繰り返す回数が多いものを「重要」と認識し、善悪などの判断をせず、全ての情報(体験)を文字通り「ありのまま」記憶している、ということです。

 

たとえ嫌な出来事でも無意識の中では「単なる記憶のひとつ」にすぎません。良いか悪いか、好きか嫌いかなどは、思考(頭で考えて)判断していることなのです。加えて潜在意識(無意識)にあるものを全て認識することができません。つまり潜在意識(無意識)を思考だけでコントロールすることは出来ないのです。

例えば「嫌なことを思い出したくない」ことがあるとします。これは「嫌だ」という強い感情が働いてしますし、「思い出したくない」は「思い出す」になってしまいます。

 

結果、潜在意識(無意識)はこの嫌な記憶を「重要なもの」として取り扱い、その嫌なことを思い出しやすくしてくれます。そして何度も繰り返すと、さらに潜在意識(無意識)は「より重要なもの」と取り扱うようになります。

つまり、「嫌だ、思い出したくない・・・」と思っていると余計に思い出しやすくなってしまうのです。これが何か悩み・問題に関わるものであれば、解決に時間がかかるようになりますし、場合によっては鬱(うつ)症状を引き起こしたりします。

実はそれこそ無意識的な、「誤った潜在意識(無意識)の使い方」であり、こういったことが悩みや問題を深めてしまっているのです。

 

 

そして昔から人には「秘めたパワーが隠されている」と考えられ、瞑想や荒行によってその力を引き出そうとしてきました。それは今で言うところの「潜在意識(無意識)」のことです。潜在意識(無意識)はそれだけ人にとって重要なものとして考えられてきた、ということなのです。

また、「全て潜在意識(無意識)が解決してくれるので、潜在意識(無意識)に委ねるだけでよい」という考えもありますが、本当にそうでしょうか?もし一切思考せず(頭で考えることなく)、潜在意識(無意識)オンリーになったらどうなるでしょうか?

 

瞑想状態かも・・・?と思われるかもしれませんが、違います。瞑想も無意識優位にはなりますが、きちんとコントロールするだけの思考を保っています。それよりも、もっとスゴいことになってしまいます。

答えは何の脈絡もない夢の中。自我があるんだか無いんだか、わからないような状態です。もちろん身体的活動は何もできません。

 

思考(意識)とは「今この瞬間何をするか」を判断し(答えを出し)、「行動につなげる」ものです。ことさら現代社会では何かと情報過多のため思考に偏ってしまい、結果悩んだりうまくいかなくなります。

だからといって「無意識だけでよい」ということではありません。思考(意識)と潜在意識(無意識)はそれぞれ役割が違いうだけで「どちらも」大切なのです。

つまり思考(意識)と潜在意識(無意識)のバランスを取ることが大切なのです。

 

では、潜在意識(無意識)にある悩みを解決したり、本当の気持ちに気付いたり、セルフイメージを変えたり、思考(意識)と潜在意識(無意識)のバランスを取るにはどうしたらいいでしょうか?

その具体的な手法が「心理カウンセリング」なのです。「かけない催眠」心理カウンセリングでは、潜在意識(無意識)の特徴をうまく使うので、悩み(問題)を早く簡単に解決することが可能です。

 

メンタルセラピー成幸の森の「かけない催眠」心理カウンセリングは、ただ話を聞いてアドバイスするだけではありません。「かけない催眠」をメインとしたセラピー(心理療法)を使って、潜在意識(無意識)にある悩みや問題を解決したり、セルフイメージを変えていきます。

その過程で本当の気持ちに気付いて癒されたり、不安や悲しみが解消され自信がついてきたり、思考が整理されてスッキリしたり、本当にしたかったことに気付いて今まで出来なかったことが出来るようになったり、コミュニケーションも良い方に変わってきます。つまり感情・思考・行動の3つの良い変化が起こります。

恋愛・結婚、夫婦関係や親子関係、仕事(お金)、夢実現など、悩みを解決して幸せな人生にシフトしていくために、ぜひメンタルセラピー成幸の森の心理カウンセリングをご活用下さい。

 

こちらもご覧ください。

メンタルセラピー成幸の森心理カウンセリング7つの特徴

特徴(1):潜在意識(無意識)からの問題解決(このページ)
特徴(2):「本当の気持ち」に気付く
特徴(3):解決志向と現在過去未来のアプローチ
特徴(4):バランスを取る
特徴(5):複数の心理療法と「かけない催眠」
特徴(6):無理をしない「オンリーワン」カウンセリング
特徴(7):夢の実現や目標達成にも

 

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る