妻の遺骨を飛行機内に持ち込んだ乗客へ「粋な計らい」

素敵な話を聞きましたのでシェアします。

 

妻の遺骨を飛行機内に持ち込んだ乗客に対する客室乗務員の対応が素敵すぎて号泣「粋な計らいだなぁ」

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜の死の知人男性からこんな話を聞いた。
男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。
遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため登場手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこういった。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?
搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。

妻の遺骨、神対応

 

いや~、泣ける。どこの航空会社かは分かりませんが、まさに神対応、「粋な計らい」ですね。この男性にとって最高のフライトだったのではないでしょうか。

そして、母の七回忌で袋に入れた遺影を抱いて飛行機に乗った女性の話もありました。

スターフライヤーの神対応

 

先日、「障害があるのに無理やりタラップを登らされた」ということで炎上し謝罪した航空会社がありましたが、それとは真逆の話ですね。こういう粋な計らいをしてくれる航空会社の話を聞くと、こちらの話はやっぱクレーマーとみる方が真実なのかもしれませんね。

何よりもこの男性「念のため登場手続きの際に中身を伝えた」とありますから、きちんと伝えれば、航空会社だってきちんと対応してくれるってことです(これはプラスアルファですが)。

結局のところ、ちゃんと伝えるという良いコミュニケーションが良い結果を生むのだと思います。客は何をしてもいい神様ではありません。基本、お客さんと販売者は対等です。そこに販売者側がいかに満足してもらおうと、価格以上のサービスをしようとするのですが、お客さんの態度や対応も大いに関係してきます。

粋な計らいをしてくれた航空会社も素敵ですが、事前に申告するなど(お客として)きちんとした対応をした男性の態度もあってのことだと思います。両者に「良き日本」を見た気がします。そして、真心とは何か、サービスとは何かを学ばせて頂いた気分です。いい話をありがとう。

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

メンタルセラピー成幸の森


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る