牡蠣のオイル漬け

そのまま食べても、おつまみでも、パスタやチャーハンにしてもめっちゃ美味しい「牡蠣のオイル漬け」レシピです。

材料

□生牡蠣:500g(加熱用でOK!)

□オイスターソース:大さじ2

□オリーブオイル:適量

□ローリエ:2枚

□鷹の爪:1本

 

(1)牡蠣の下ごしらえ

まずは牡蠣!

牡蠣のオイル漬け:生牡蠣

宮城県は松島産の牡蠣!小粒ですが、美味しいですよ~!

 

牡蠣のオイル漬け:生牡蠣2

大抵、むき身の牡蠣は半分くらい水ですが、ここのは牡蠣がぎっちり入ってます^^ 仙台にいた時もここから直接買ってました♪←高栄水産

 

で、牡蠣の下ごしらえですが、「片栗粉」を使います。大さじ2杯くらいの片栗粉をまぶして、手で優しく混ぜ合わせます。適当に混ぜたら、水で2~3回洗えばOK!

びっくりするくらい簡単に汚れが取れます。

汚れが取れたら、キッチンペーパーなどを使って余計な水分を取り、フライパンに並べます。

牡蠣のオイル漬け:フライパンに並べる

フライパンにぎっちり・・・(2袋分で1㎏の牡蠣!!!)下ごしらえ完了です。

 

(2)牡蠣のオイル漬けを作~る

フライパンに牡蠣を並べたら、火をつけます(中火)。しばらくすると、牡蠣から水分が出てきます。この時、くれぐれも牡蠣をつついたりいじったりしないこと。

牡蠣のオイル漬け:火にかける

全体がグツグツしてきて、牡蠣がぷっくりしてきたらオースターソースを入れて、さらに煮詰めます。

 

牡蠣のオイル漬け:煮詰める

煮詰め加減はお好みで。おつまみには煮詰め気味で。私は煮詰めすぎない方が好みです。

 

煮あがったら、タッパーなどに移し、ローリエと鷹の爪、オリーブオイルを入れます。

牡蠣のオイル漬け1

 

牡蠣のオイル漬け2

 

オリーブオイルは牡蠣が完全に浸るまで入れてください。このまま冷蔵庫で1週間~10日くらい保存してからが食べごろ(2週間くらい置いた方がいいかも)。牡蠣を食べていってオイルが減った時は足してください。

もちろん、そのままでも美味しいですが、薄く切って焼いたバケットに乗せて食べたり、パスタやチャーハンにしてもバカウマ!オイルにも牡蠣の風味が移って美味しいので、残さず食べてね。

結構日持ちもします。多めに作った方が美味しいですよ^^

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

 

お知らせ

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休、TEL011-556-0496
--------------------------------------------
お問合せ
料金
交通アクセス
お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森

TEL:011-556-0496(10:00~19:00)
完全予約制、月曜・火曜定休(祝日の場合は翌日定休)


「かけない催眠」でアダルトチルドレンの悩みを解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR
ページ上部へ戻る