結局うやむやなのか?/財務省セクハラ疑惑Part3

この件も3投稿目でだんだんどーでもいいや、、、みたいに思えてくる元財務相次官のセクハラ問題。いやいや、どーでもよくないって、これ(ひとりツッコミ)。

 

結局なんなんでしょうね。ホント分けわからん。証拠とされる音声データもツギハギで正確さに欠けるし、(財務省)の回答も歯切れが悪い。テレビ朝日はセクハラを1年半も放置で問題ないけど、財務省にはクレーム・・・

取材中のセクハラということで、執務室などでの取材中に起こったことかと思ってたけど、どうも違うらしい。夜中にお酒の飲める場所で男女二人っきりって、それって取材じゃないでしょ。

 

あくまで推測だけど、「ハニートラップもどき、美人局みたいな取材をしていた」ところ、「セクハラが多々起こり」、そして「音声データは都合よく編集(捏造)されて公表された」というのが本当のところなんじゃなかろうかと思います。

そして、被害者加害者がごっちゃになって分けワカランけど、「とりあえずセクハラだけは問題にしよ~!!!」ってことになったというところかな。確かにこれ(セクハラ)は問題だけど、取材方法とか告発方法とかにも問題アリアリでしょ。

 

でも、財務省も週刊新潮もテレビ朝日も、全容解明されるとそれぞれマズイことがあるので、お互いこの辺で手打ちにしましょ( ̄。 ̄;)的な感じなのかも。

という風に考えると辻褄あってくるんですけどぉ。。。って全くよくない。

 

こういうことって、一部だけを切り取って「問題です、責任追及します」と言ってもダメなんですよ。何が起こったのか全体をはっきりさせてから「ここが問題ですね」とそれぞれ解決していかないと。

だから元次官もなんとな~く辞任させるのではなく、しばらく謹慎させておいて、その間に事の子細をしっかりと調べて、それから必要な処分を下さないといけない。そうしないと、ほとぼりが冷めればまた同じようなことが繰り返されてしまう。

双方本気で解決しようとか、真相解明しようとういう気がないから、こういう結果になるんでしょうけど・・・本当に全ての真相が明らかにされることを望みますけどね・・・

 

そもそも、根本的におかしいと思うのは、麻生さんに辞任要求するばかりで「今後こういうことが起こらないように対策立てましょう」というのが一切ないこと。

事の責任を問うのはもちろん必要。けど、それ以上に「本質的に何が問題であり、何が解決なのか?」、根本的なものを解決することが大切なんだよね。

 

麻生さんに辞任要求で国会ボイコットなんて野党議員はホント枝葉末節で、ホント「誰が選んだんだよっ!?」って言いたくなりますね。

1個人の問題なら1個人の問題として責任追及すればいいけど、それならそれで国会審議拒否とか安倍倒閣というのはお門違い筋違いも甚だしい。

もし構造的システム的な問題なら、今後同じようなことが起きないようなルール作りが必要なんだけど、どこもかしこもそういう気配は全く持って聞こえてこないってのは、そっちの方が問題だと思うんだけど。。。

 

本来野党のすべきことは与党の案が暴走して国民に害が出るようなものなら拒否するのが役目だけど、通常は与党の案に「修正を加える」こと。ダメ出しばかりの毒親みたいで「これならいい」という修正案も対案もないってどおよ?与党にぐうの音も言わせないような対案出せば、それだけで政権取れるのにね~(出来ないからケチつけるのが関の山か・・・)。

ホントにこういうところに政治家のセンスが出るんだけど、そういうものを持っている政党も議員もいないか。。。だから自民党の方がマシ!ってところなんだよね。

 

あ、ちなみに私は安倍総理は評価してますよ。だって、経済も外交もアホ民主党の負の遺産をここまで回復させたんだからね。なんかね、経済やら外交やら安倍政権で回復してきたから「美味しいところちょーだい」って野党が騒いでいるようにしか見えないんだけど。。。

 

かなーり話がズレちゃいましたが、財務省のセクハラ疑惑に関わらず「何が問題なのか?」がまず大切ですよ、ってことです。

プラスして「誰の問題なのか」「何が(どうなれば)解決なのか」を明らかにして、それぞれに適切な対処していくと、根本解決になるんだよね。こういう場合は「誰の責任か?」の追及も大切ですが、今後のためにできること=改善策を打ち立てていくのも大切なんですよね。

って、根本的なことを考えていくと、つくづくカウンセリングの問題解決でやっていることと同じやんけ(笑)。

 

ハナシ飛んじゃったついでにもう一つ。

それと、こういう誰かミスしたと思われる時に、鬼の首を取ったようにその相手を責め立てるのが、どこにでもいます。いわゆる「他責タイプ」で「自分正義」の塊のような人たち。

こういう人はね、実は、自分の都合のいい部分だけを持ち出して都合の悪い部分は知らんぷりするのが得意中の得意。さらにデータを捏造しようが、論点ズレまくりだろうが、自分が同じような違法行為していようがお構いなし。

相手を責め立てることで自分はさも正義の味方のように『見えればいい』って人たちだから、大抵「どの口が言うとんじゃい?」とブーメランが返ってくるんだけど、そのブーメランに対してキレる。中にはサイコパスで自己愛性人格障害で教祖様?みたいなトリプルコンボかましてる輩もおるが、正義の味方に見せかけるのが得意なので気付きにくいので注意。

ま、その心の中は・・・アレなんだけど、これはまた別の機会に(只今纏めてますので、もうちょいしてから)。

 

こういう時に聞くべきは、中庸冷静理論的な人たちの意見。実はこういう人たちの意見って、あんまり面白くない事がよくあるけど、ハナシの筋は通っていて矛盾や問題点を的確についてくるのですごく分かりやすい。

こんな視点でも見ていくと、いろんなものが見えてきますし、煽りや偽、一方的な情報に惑わされなくなりますよ。うー、なんかグダグダな事件なので、結論もグダグダ感が(笑)まいっか。

 

結局うやむやなのか?

 

 

本日もブログをお読み頂きありがとうございましたm(_._)m心理カウンセラー・らぶさん印

 

成幸の森メルマガ:本音を言うほど愛される秘訣

札幌・心理カウンセリングのメンタルセラピー成幸の森
受付時間10:00~19:00(完全予約制)、月曜・火曜定休

全国どこからでも、心理カウンセリングが受けられます。
通話カウンセリングについて

------------------------------------------
 お問合せ
 料金
 交通アクセス
 お申込み

広告・PR

関連記事

メンタルセラピー成幸の森


恋愛結婚・仕事・人間関係の悩みを「かけない催眠」で解決する心理カウンセラー佐藤愛彦
プロフィールはこちら

お問合せ
10:00~19:00 月曜・火曜定休、完全予約制
お問合せ前に必ず「心理カウンセリング」「FAQ(よくある質問と答え)」「料金」のページをご一読下さい。

お申込み

成幸の森メルマガ

NewEntry/最近の記事

カテゴリー

広告・PR

ページ上部へ戻る